コラム

宗教保守派の勝利からスキャンダル騒動へ アラバマ補選のドタバタ

2017年11月14日(火)17時00分
宗教保守派の勝利からスキャンダル騒動へ アラバマ補選のドタバタ

宗教保守派ロイ・ムーアにはホワイトハウスを追われたバノンが支援に回った Marvin Gentry-REUTERS

<保守王国アラバマ州の上院補選で宗教保守派の共和党候補に女性スキャンダルが。共和党が議席を落とせば、上院の党勢バランスにも影響する>

アラバマ州といえば、南部の中でも特に保守票の多い州であり、1997年以来、州選出の連邦上院議員は2議席とも共和党が占めています。その前は、民主党が優勢でしたが、当時は民主党の方が「人種隔離政策」を掲げていた時代でしたから、特にリベラルが優勢な時代だったわけではありません。

ちなみに、1997年からの20年間は同じ2人の共和党上院議員が連続して選出されています。1人は、リチャード・シェルビー議員ですが、もう1人のジェフ・セッションズ議員は、トランプ政権発足に伴って司法長官に転出することになりました。その議席は、とりあえず州の司法長官だったルーサー・ストレンジという人が継承しました。

ですが、アラバマ州の場合は法律で補欠選挙を実施することになっており、今年の12月に予定された補欠選挙へ向けて共和党内では予備選が行われました。この予備選で、不思議な対立構図が発生したのです。

とりあえず「現職」のストレンジ氏は、上院の同僚の受けも良かったようですし、例えば「パリ協定離脱賛成」を掲げるなど「十分に保守的な立ち位置」を示していました。また、大統領にしてみれば自分を支持してくれているということもあり、このストレンジ氏を推したのでした。

ところが、そこへ強力な対抗馬が出てきました。ロイ・ムーアという州最高裁の首席判事が予備選に出てきたのです。ムーアという人は、州の法曹の叩き上げですが、いわゆる宗教保守派であり、特に「モーセの十戒」の巨大なモニュメントを作ったり、学校の教室に掲げさせるといった「奇行」が問題になっていたのです。

州の最高裁判事が政教分離に違反しているということで、わざわざムーアを裁くために州知事が特別法廷を開くなどすったもんだの末に、この2017年4月には州最高裁の判事を解任されています。その結果として、一部の保守派からはヒーロー扱いされたりもしていたのです。

そのムーアに目をつけたのが、トランプ政権を放逐されたスチーブン・バノンでした。バノンと言う人は、宗教保守派のことを評価していませんが、このムーアの「闘争姿勢」の中に、ワシントンの権威と戦うガッツを見出したようで、なりふり構わずムーアの応援をネットを使って始めたのです。ムーアは、カウボーイハットをトレードマークに、選挙運動を繰り広げました。

その結果として、1回目の投票ではムーア候補38.9%対ストレンジ候補32.8%で勝者なしとなり、2回目の決選投票に持ち込まれた結果、ムーア候補が54.6%を得票して現職のストレンジ候補を破ってしまったのです。

つまり「トランプがバノンに負けた」ということで、メディアは結構騒いだのですが、トランプからして見れば「真正保守のムーア」を別に憎む理由もないので、予備選の後は、あっけらかんとムーアを応援していました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)、『アメリカモデルの終焉』(東洋経済新報社)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

米つなぎ予算が失効、政府機関が一部閉鎖 上院で合意

ビジネス

米政府機関閉鎖、トリプルA格付けに直接影響せず=フ

ワールド

米軍、中露との競争が最優先事項 対テロから方針転換

ビジネス

米国株は消費関連株主導で反発、S&Pとナスダックは

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    フィンテックの台頭でお堅い銀行が様変わり

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立…

  • 6

    自ら考える部下の育て方は「日本一オーラのない監督…

  • 7

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 8

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカ…

  • 5

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 6

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 7

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 8

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!