プレスリリース

沼津蒸留所、オリジナルクラフトジンLAZY MASTERシリーズより"真妻わさび"を使用した「Spiky Roots」を12月12日に発売!

2023年12月08日(金)21時00分
スピリッツの製造、販売を行う株式会社FLAVOUR(所在地:静岡県沼津市、代表取締役:小笹 智靖)が運営する沼津蒸留所は、オリジナルクラフトジン【LAZY MASTER[レイジーマスター]】シリーズより、新しいフレーバー【Spiky Roots[スパイキールーツ]】を2023年12月12日に発売します。

「LAZY MASTER ~Spiky Roots~」
オンラインストアURL: https://numazu-distillery.stores.jp

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/376884/LL_img_376884_1.jpg
商品画像

■商品の特徴
静岡県御殿場市にあるわさび農家(田代 耕一さん)のわさびは、農林水産大臣賞、内閣総理大臣賞など数々の受賞歴があります。
【LAZY MASTER】第7作目となる~Spiky Roots~はそのわさびをキーボタニカルに使用し、静岡県産のヒノキ、キュウリなど青く爽やかな香りのものを使用しました。和食(特に寿司や刺身)を意識して蒸留しました。擦った本わさびなどを少量入れ、ソーダ割にしていただくと食中酒として格別です。原酒には沼津市内のクラフトビール醸造所「Repubrew」がクラフトジンのためだけに製造したベースアルコールを使用しています。こちらの原酒はモルト(麦芽)が使用されており、リッチな風味がします。

ラベルはNinoJapan書下ろしの新しい仙人のグラフィックとなります。
今回の仙人はピリッとした表情の中にも優しさがある老人がモチーフです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/376884/LL_img_376884_2.jpg
使用された本わさび画像(真妻わさび)

■使用ボタニカル
本わさび(静岡)、ヒノキ(静岡)、きゅうり(静岡)、かぼす(国産)、青じそ(国産)、ジンジャー(国産)、ジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカルート


■ブランド名「LAZY MASTER」の由来
静岡県沼津市には『仙人みかん』という昔話があります。それは少し怠け者の仙人とみかんの山の持ち主とを描いた物語です。地元の柑橘類、草木花をボタニカルに使用する沼津蒸留所のジンはこの昔話に因み『LAZY MASTER』と名付けられました。


■恵まれた環境、豊富なボタニカル、富士山の湧水でつくるクラフトジン
沼津市は静岡県の東部に位置します。北には世界遺産である富士山を望み、南には駿河湾が広がり、大平洋を流れる黒潮の影響からなる海洋性気候により1年を通して温暖です。気候の恵により、沼津市から伊豆半島全域にかけて様々なボタニカル(草木花)が収穫できます。このボタニカルはジンの味を決める大切な要素となり、地域の特徴を表現します。また世界遺産である富士山の湧水は、市の水源として使用され、その良質な水をジンの仕込み水にしています。この水もまたジンの味に大きく作用します。


■沼津蒸留所について
沼津蒸留所は国内でも最小クラスの300Lの単式蒸留器を使用してクラフトジンの製造を行なう小さな蒸留所です。空き家をリノベーションした蒸留所は市街地を流れる一級河川 狩野川沿いに新たな景観を生み出しました。全て手作業で丁寧に造られたジンは、全国へと出荷されています。


■商品概要
商品名 : LAZY MASTER ~Spiky Roots~
発売日 : 2023年12月12日(火)
品目 : スピリッツ
希望小売価格 : オープン価格
内容量 : 500ml
アルコール度数 : 42%
販売場所 : 店頭、ECサイト、酒販店
オンラインストア: https://numazu-distillery.stores.jp


■会社概要
商号 : 株式会社FLAVOUR
代表者 : 代表取締役 小笹 智靖
所在地 : 〒410-0802 静岡県沼津市上土町8
設立 : 2019年7月
事業内容: スピリッツの製造、販売
免許 : スピリッツ製造免許
資本金 : 76万円
URL : https://flavour.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

チリのSQM、リチウム価格が当面安定と予想 年内の

ワールド

G20財務相会議、共同声明見送り ウクライナ紛争な

ワールド

国連総長、ガザ援助待つ市民100人超死亡で「独立調

ワールド

訂正-原油先物上昇、ガザ停戦協議が複雑化
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中