コラム

かろうじて均衡を保っていた家族の実態が暴き出される、『落下の解剖学』

2024年02月21日(水)19時35分
『落下の解剖学』

カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『落下の解剖学』

<ジュスティーヌ・トリエ監督作『落下の解剖学』では、孤立した山荘での事件が家族の複雑な絆と秘密を浮き彫りにする。脚本はトリエとアラリの手により、事実と虚構の曖昧さを掘り下げ、若きダニエルの視点から親子関係の新たな理解を模索する......>

カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いたジュスティーヌ・トリエ監督の『落下の解剖学』では、事件と裁判を通して、かろうじて均衡を保っていたような家族の実態が徹底的に暴き出されていく。

 
 

舞台は、フランスの人里離れた雪山にぽつんと建つ山荘。そこに暮らすのは、教師をしながら作家を目指すフランス人のサミュエルとドイツ人の妻でベストセラー作家のサンドラ、交通事故のせいで視覚に障害がある11歳の息子ダニエルと愛犬スヌープ。そんな家族に悲劇が起こる。

犬の散歩から戻ったダニエルが、山荘の前に横たわる父親に気づき、息子の叫び声を聞いたサンドラが駆けつけるが、サミュエルは頭から血を流し、すでに息絶えていた。直前に屋根裏部屋のリフォームをしていたサミュエルに何が起こり、転落したのか。

検視の結果、死因は事故または第三者の殴打による頭部の外傷だと報告される。その後の捜査で、事件の前日に夫婦が激しく争っていたことを明らかにする音声録音が見つかり、検察はサンドラを起訴する決定を下す。サンドラと旧知の弁護士ヴァンサンは「自殺」を主張するが、法廷では夫婦の秘密や嘘が次々に暴露されていく。

家族の秘密を描く共同脚本の舞台裏

本作でまず注目すべきなのは、監督のトリエと、彼女の夫で監督としても活躍するアルチュール・アラリが共同で手がけた脚本だろう。プレスのインタビューでトリエは、脚本作りについて、「アルチュール・アラリと私で執筆作業を分担し」、共同で仕上げたと語っている。

それがどんな分担だったのかは、定かではないが、監督としての彼らの過去作を振り返ってみれば、ある程度、想像がつく。トリエが主にサンドラの人物像を、アラリがダニエルの人物像を作り上げている。

サンドラと、トリエの前作『愛欲のセラピー』(2019)の主人公シビルには明らかな共通点がある。10年前に作家から精神科医に転身したシビルは、再び執筆に専念する決断をするが、患者のひとりである女優のマルゴが、担当医が変わることを拒んだため、仕方なくカウンセリングを継続する。

ところが、仕事と恋愛をめぐって深刻な状況にあるマルゴの話を聞くうちに、彼女にのめり込み、話を録音し、自分が執筆している小説にそれを盛り込むようになる。事実と虚構の境界は崩れ出し、シビルは最後に、人生はフィクションで、自分しだいで好きなように書き換えられると語る。

事実と虚構の狭間で揺れる物語

本作は、サンドラが自宅に訪ねてきた女子学生からインタビューを受ける場面から始まる。そのやりとりからは、サンドラの作風が想像できる。彼女は息子の事故の描写を小説に盛り込み、読者にショックを与えた。読者は彼女の小説について、どこが事実と架空の境目なのかに関心を持っている。

しかし、インタビューは長くは続かない。それを邪魔するように、屋根裏部屋から大音量で音楽が流れてくるからだ。そこで取材は日を改めることになり、学生は山荘を後にし、ダニエルが犬の散歩に出て、しばらくして事件が起こる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=ほぼ横ばい、経済指標や企業決算見極め

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米指標やFRB高官発言受け

ビジネス

ネットフリックス、第1四半期加入者が大幅増 売上高

ビジネス

USスチール買収計画の審査、通常通り実施へ=米NE
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 6

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 10

    紅麴サプリ問題を「規制緩和」のせいにする大間違い.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story