コラム

すべてがチェスの対局に集約されていく『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』

2023年07月20日(木)13時00分

『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』

<ユダヤ系作家ツヴァイクの最期の小説「チェスの話」の映画化。現在と過去、現実と幻想の境界が揺らぎだすドラマ......>

オーストリア出身のユダヤ系作家シュテファン・ツヴァイクは、ナチスの台頭とともに祖国を離れ、亡命生活の最終地ペトロポリス(ブラジル)で「チェスの話」を執筆し、その直後に自ら命を絶った。フィリップ・シュテルツェル監督の『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』は、そんなツヴァイク最後の小説の映画化だ。

チェスに強いのには複雑な事情があった......

「チェスの話」は以前にも、1960年にガード・オズワルド監督、クルト・ユンゲルス主演の『Schachnovelle(英題:Brainwashed)』として映画化されているが、この小説の核心部分には、映像化するのが難しい状況や表現が盛り込まれている。

小説の舞台は、ブエノスアイレスに向かう豪華客船で、チェスの世界チャンピオンであるミルコ・チェントヴィッツとオーストリアの名家出身のB博士と呼ばれる人物が成り行きで対局することになる。B博士がチェスに強いのには複雑な事情があることがやがて明らかになる。

oba20230720b.jpg

『チェスの話 ツヴァイク短編集』シュテファン・ツヴァイク 大久保和郎・他訳(みすず書房、2011年)

大きな修道院の財産を管理する弁護士だった彼は、ナチスドイツがオーストリアを併合したときに連行され、財産の情報を聞き出すためにメトロポール・ホテルの一室に監禁された。時計も筆記具も奪われた彼は、沈黙が支配する無の世界で精神的に追い詰められていく。しかし、尋問のために部屋を出たときに、隙を突いて一冊の本を盗む。部屋に戻った彼は、その本がチェスの手引書だったことに最初は落胆するが、次第に引き込まれていく。

問題はその先だ。彼は、碁盤縞のベッドのシーツを盤面に見立て、パン屑で駒を作り、手引書に収められた名人たちの棋譜を何度も再現する。しばらくすると、頭のなかだけでそれができるようになる。だが、何十回も繰り返すうちに、頭のなかで自動的に展開できるまでになってしまい、再び無に直面する。そこで新しい試合を考え出すために、ひとりで二役を演じつづけ、チェス中毒になって憔悴していく。

想像力をめぐって対極にあるふたり

このエピソードは、実は彼が対局することになるチェントヴィッツのチェスの世界と深く結びついている。孤児として司祭に引き取られた彼は、何も学ばず、何事にも無関心な子供だったが、チェスと出会った途端に特異な才能を発揮するようになった。そんな彼のチェスには変わった一面があった。目の前に実際に盤と駒がないとまったく勝負ができない。頭のなかで盤や駒を思い描く能力がまったくなかった。

つまり、この小説では、想像力が完全に欠落した人物と、狂気の一歩手前という極限まで想像力を研ぎ澄ませた人物が対局することになる。そんな想像力をめぐって対極にあるふたりの人物を映像で表現するのは簡単ではない。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー、日本の5大商社株保有比率引き上げ 約

ビジネス

バフェット氏「目を見張る」業績終わった、長期的に株

ワールド

ナワリヌイ氏遺体、母親に引き渡し 夫人は「拷問」と

ビジネス

米石油掘削リグ稼働数、11月以来の大幅増=ベーカー
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 3

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 4

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story