最新記事

シリーズ日本再発見

新宿―東京は何線で? 日本の交通案内は分かりやすいですか

2016年12月09日(金)14時39分
高口康太(ジャーナリスト、翻訳家)

JR東日本がサイトで提供している路線図(英語版)のうち最も詳しいもの

<世界有数の複雑な電車網が張り巡らされた東京。しかも日本語や日本特有の案内用図記号が外国人に理解しづらいといわれる。実際のところ、外国人たちは移動に困り、道に迷っているのか。路上で聞いてみたところ...>

【シリーズ】五輪に向けて...外国人の本音を聞く

 12月1日、銀座線上野駅にパンダPepperが登場し、話題となった。Pepperはソフトバンクのロボット・コンパニオン。上野のシンボルであるパンダ風の塗装をほどこしての登場となった(下記は台東区観光課公式ツイッターアカウントのつぶやき)。しかし、白黒に塗り分けられた姿はパンダというよりは異星人に近いのではないか。痩せすぎなのが悪いのか、邪悪な目つきが悪いのか、ともかく違和感満載だ。

 もっとも、このパンダPepperは見かけにそぐわず、日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語の6カ国語を使いこなす優れもので、浅草や成田空港への行き先案内などの業務を担当するという。

 なるほど確かに東京の交通はとかく複雑だ。しかも日本語や日本特有の案内用図記号(ピクトグラム)が外国人には理解しづらいという。経済産業省は現在、案内用図記号の改訂を検討中。早くも温泉マークの変更案が賛否を巻き起こすなど話題となっているが、日本独自の図記号を国際規格とすりあわせ、他にも祈祷室や無線LANなどの新たな図記号を来夏までに制定する方針だ。

【参考記事】ニッポン名物の満員電車は「自然となくなります」

 外国人にとって日本は過ごしやすい場所なのか。何を改善すればいいのか。東京の交通案内を中心に外国人旅行客、在日外国人に尋ねてみた。

路線図がわかりづらい? いやいや、実は素晴らしい!

 新宿・歌舞伎町一番街アーチの下で、英語の地図を必死にめくっている女性がいた。日本に旅行に来ているエマさん(スイス出身、30代女性)だ。東京駅に行きたいのだが、どのように移動すればいいかわからず困っているという。やはり路線図が分かりづらいのかと尋ねると意外な答えが返ってきた。

 きれいに色分けされた日本の路線図はとても見やすく、東京での移動はとても便利だとのこと。悩んでいたのは地下街だ。新宿駅近郊には地下街に入る入り口が多いが、どこから入れば地下鉄にたどりつけるのかが分からなかったという。「普通の地下鉄入口はメトロのMマークがありますよね。ここの地下街入り口にはマークはないんですが、ガイドブックにはここから地下鉄につながっていると書いてあって混乱してしまいました」

 ちなみに、新宿駅から東京駅への移動はJR中央線が直通していて便利だと教えると驚いていた。使っている路線図が地下鉄だけ掲載されていたものだったのでよく分からなかったという。出回っている外国語の路線図にはどうやらJRと地下鉄が併記されていないものもあるらしく、使い分けで混乱する人もいるようだ。

 エマさん以外からも日本の路線図を絶賛する言葉が聞かれた。マリさん(タイ出身、30歳女性)は英語も話せず日本語もたどたどしいが、東京での移動に困ったことはないという。「唯一困ったのが山手線です。外回り、内回りとかいわれてもよく分からなくて」と話している。

【参考記事】日本に観光に来た外国人がどこで何をしているか、ビッグデータが明かします

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった......身の毛もよだつその内容

  • 4

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 7

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中