Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2016.6. 7号(5/31発売)

特集:中国 方向転換を迫られる巨龍の行方

2016年6月 7日号(5/31発売)

Cover Story

この40年近く成長を謳歌してきた中国が直面する内憂外患。政治、経済、外交で岐路に立つ習近平政権はどう舵を切るのか

視点 独裁中国が直面する外交の挫折
台湾 主役を奪った蔡英文がルール変更を迫る
■チャート データで読み解く中国の針路
領有権 「東シナ海危機」こそ警戒せよ
経済 借金頼みの経済に破綻の日は近いのか
戦略 中国の大親友はパキスタンだけ
歴史 民主化を妨げる文革の呪縛
【PERISCOPE】
InternationaList
JAPAN 核廃絶にとどまらないオバマのメッセージ
UNITED STATES トランプの「作戦」は本選で通用せず
GREECE ギリシャ、毎年恒例の危機回避へ
AUSTRIA EU初の極右大統領を免れたオーストリア
ISRAEL イスラエル新国防相は筋金入りのタカ派
TRADE 大統領選の最中、TPPは臨終を迎えた
PAKISTAN タリバン最高指導者殺害の本音
IRAQ 奪還作戦で迎えるISIS最後の夏?
Asia
VIETNAM 旧敵国ベトナムに塩を送る真意
U.S. Affairs
トランプ所有のホテルで宿泊客が激減
伝説のスナイパーに軍功水増し疑惑が
あの特別検察官が再び注目の的に
Business
アップル浮上のカギはメディア企業買収?
激化する海底ケーブル競争
People
大統領候補の気になるジェスチャー、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
ミャンマー 聖人スー・チーの色あせゆく幻想
実話 SEALsをめぐる美談の裏側で
韓国 搾取されるK-POPの女たち
先端技術 シワとさよなら「第2の肌」の秘密
【LIFE/STYLE】
Technology グーグル・ホームは賢くて不気味
Technology プレゼン練習もバーチャルで
Technology 心の不調をメールで治す
Sports 米プロスポーツ界も「胸ロゴ広告」解禁へ
Kids 早過ぎな早寝でハッピーな子供が育つ
Kids 8歳からの女磨き、美のキャンプに賛否
Fashion 手作業と機械のコラボレーション
Food 「エル・ブリ」のお膝元で伝統回帰の波
【DEPARTMENTS】
Picture Power チェルノブイリ原発に汚染された故郷で暮らし続けて

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は慎重に

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 9

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 10

    核攻撃にはトランプの一存と5分があればいい

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 アメリカの女子大生に浸透するパパ活とは

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    【韓国侵攻】北朝鮮軍は数で米韓軍を圧倒する

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!