コラム

党大会を控え、中国No.1トーク番組が終了(習近平「検閲」続報)

2017年09月19日(火)19時19分
党大会を控え、中国No.1トーク番組が終了(習近平「検閲」続報)

Tyrone Siu-REUTERS

<2カ月前に「検閲」の最新事情をお伝えしたが、ついに、私が13年間出演してきた中国の人気テレビ番組「鏘鏘3人行」の無期限休止が発表されてしまった......。中国メディアは一体どうなってしまうのか>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。2カ月前に「中国No.1トーク番組もやられた! 習近平『検閲』最新事情」というコラムを書いたが、今回はその〝残念な続報"をお届けしたい。9月12日、私を育ててくれた中国の人気テレビ番組「鏘鏘3人行」が、無期限休止することが発表されたのだ。

「鏘鏘3人行」は香港のフェニックステレビで放送されている中国ナンバーワンのトーク番組だ。衛星テレビやネット配信を通じて中国本土でも視聴できる。名物司会者の竇文涛と2人のゲストが繰り広げる丁々発止のやりとりが人気で、1998年の放送開始から約20年間続いてきた名物長寿番組だ。

1999年には著名歌手にして習近平総書記の妻である彭麗媛も出演している。当時、習近平の肩書きは「福建省代理省長」。国民的歌手の彭麗媛と比べれば、決して知名度のある存在ではなかった。動画サイトには当時の番組が残っているが、竇文涛が「どんな旦那さんなの?」などと質問している。今振り返れば貴重な資料だ。

私は2004年に初出演を果たして以来、13年間、何度も繰り返し出演してきた。準レギュラーと言ってもいいだろう。ギャラは決して高くはない。3本出演してようやく往復の航空券になるぐらいだが、中国の人々に真実の日本を伝えたいという思いから出演を続けてきた。

収録はともかくハードだ。以前は香港、最近は北京のスタジオだが、遠路はるばる日本からやってきたゲストを最大限活用しようと、一気に数本分をまとめて収録するのだ。せっかくならばとフェニックステレビの別番組のゲストとしても呼ばれ、1日間の滞在中に6本の番組に出演したこともある。へとへとになったが、この経験を通じて私は鍛えられたし、中国での知名度も高まった。

ディレクターは「理由は分からないと答えてほしい」と

「鏘鏘3人行」の無期限休止が報じられると、SNSでファンから「李さん、なぜ鏘鏘3人行は終わるんですか? 理由を教えてください」といった質問が次々と飛んできた。私自身、フェニックステレビからなんの連絡ももらっていないが、ディレクターに問い合わせると、「理由は分からないと答えてほしい」とだけ言われた。

ただ、休止については驚きというよりも、「ついにその時がやってきたか」という思いが真っ先に浮かんだ。

というのも、「鏘鏘3人行」の持ち味は政治的に敏感な話題ぎりぎりにまで踏み込む(中国ではこうしたぎりぎりのトークを「擦辺球」と呼ぶ。卓球で台の角を狙うエッジボールから転じたスラングだ)ことにあるからだ。そのため、中国当局には以前から目を付けられていた。

先のコラムでも紹介したが、中国で放送される時には問題あるトークがカットされてきた。今夏にはバックナンバーのネット公開が中止に追いやられた。番組の終了も時間の問題だった。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ドルやや上昇、インフレ動向に注目=NY市場

ビジネス

米国株は3指数が最高値、金融株上昇や決算期待で

ビジネス

トランプ米大統領、イエレンFRB議長と19日会談へ

ビジネス

トランプ米大統領、共和・民主による医療保険の応急措

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 3

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱えるニューポリティックス

  • 4

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 7

    アベノミクスが雇用改善に寄与した根拠

  • 8

    第二言語習得の研究から見た、「勘違いだらけ」日本…

  • 9

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    トランプがアメリカを第3次世界大戦に導く危険を冒す

  • 4

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 5

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 6

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 7

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!