コラム

中国人はトランプ米大統領誕生の意味をまだわかっていない

2017年01月05日(木)16時17分

 さて、トランプ政権誕生の影響だが、米中の軍事衝突とまではいかなくとも貿易戦争に陥るリスクは高そうだ。

 破局を恐れる人が多いが、トランプ氏はビジネスマンであるという点で信頼がおけると私は考えている。商売における交渉とは、まず最大限に主張し、丁々発止のやりとりの末に双方が利益を得るという営みだ。トランプ氏はその機微をよくわきまえている。あとは中国がそうした駆け引きができるかどうかだ。

 国内では権威を確立した習近平総書記だが、外交面での評価は決して高いものではない。この点が気にかかる。毛沢東以来の最強の指導者というだけではなく、鄧小平以来となる最高の商売人になれるかどうかが試されている。

【参考記事】中国が笑えない強気で短気なトランプ流外交

 たとえ最終的にうまくいくとしても、米中が阿吽の呼吸で駆け引きができるようになるまでには時間がかかるだろう。今までとはまったく異なる関係になるのだからしかたがない。

 その過渡期を不安に思っているだけでは失格だ。日本としては、混乱をチャンスに変えること、新たな時代に臨機応変に対応し、米中の潤滑剤として立ち回るとともに日本の国益を最大化する外交を展開してもらいたい。安倍首相は重い課題を背負うこととなるが、オバマ大統領から不興を買うこともいとわずに、真っ先にトランプ氏と会見した立ち回りには私は感嘆した。

 米大統領選でのトランプ氏勝利、さらに英国のEU離脱決定など、2016年は大波乱の1年だった。だが本当の意味でその影響が現れてくるのは今年以降だろう。私たちも新たな時代に合わせた柔軟な思考を持たなければならない。

 そのために必要なのは世界に目を向けることだ。先に述べたとおり、中国人の多くは海外の情報が見えていないという問題を抱えている。日本人はどうだろうか。多くの人が海外の情報、異なる立場の意見に耳を傾ける度量を持っていると期待している。「元・中国人、現・日本人」の私も、日本社会に多様性をもたらす存在として新鮮な情報を発信していくつもりだ。読者の皆さんにはぜひ楽しみにして欲しい。

 今年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

中国、金融の安全性維持で対策必要━国家主席=新華社

ビジネス

中国大都市の住宅価格、規制緩和なら上昇━発改委=人

ワールド

RCEP締結がASEANの優先事項=フィリピン貿易

ワールド

北朝鮮問題で日中高官が協議、安保理決議の厳密な履行

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 3

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜山入港し牽制

  • 4

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 5

    トランプ「現状維持容認できず」 安保理の北朝鮮への…

  • 6

    知っておきたい、インサイダー取引になる場合・なら…

  • 7

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 8

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    中朝同盟は「血の絆」ではない。日本の根本的勘違い

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 5

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 6

    ISISの終わりが見えた

  • 7

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 8

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 9

    北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!