コラム

不倫口止め料裁判「有罪評決」のトランプ前米大統領を「擁護」...ジョンソン元英首相の論理とは?

2024年06月01日(土)18時00分
有罪評決トランプをジョンソン元英首相が擁護

トランプとジョンソン(2017年9月) Kevin Lamarque-Reuters

<トランプへの不倫口止め料裁判での有罪評決を、ジョンソン元英首相は「露骨に政治的なもの」と批判>

[ロンドン発]アダルト女優への不倫口止め料を不正に会計処理したとされるドナルド・トランプ前米大統領に対し、ニューヨーク州地裁の陪審は5月30日、34すべての罪状で有罪評決を下した。米大統領経験者への有罪評決は初めてだ。7月11日に判事から量刑が言い渡される。

トランプ氏は「不正な裁判だ。この国と憲法を守るために必要なことは何でもする。われわれは戦うつもりだ」と控訴する方針を明らかにした。実刑になっても大統領選の候補資格は失わず、大統領に返り咲いた暁には職務遂行に支障を来すとして州の刑事手続きに介入することもできる。

「多くの共和党員は依然としてトランプ氏を支持しており、公職や法廷外でのトランプ氏の欠点を認めながらも大統領選では彼に投票するだろう。実際、共和党員の56%はトランプ氏の性的スキャンダルは大統領選への出馬資格を剥奪する理由にはならないと考えている」

トロント・メトロポリタン大学(カナダ)のユージン・チャン准教授らは豪非営利メディア「ザ・カンバセーション」でこう解説する。トランプ氏の行為は褒められたものではないが、トランプ氏は自分たちのために職務を果たしてくれるという「モラル・デカップリング」が働く。

英国の「政界の道化師」の援護射撃

トランプ氏のセクハラは認識しているが「トランプ氏は政治的な魔女狩りの犠牲者だ」「トランプ氏に対する現在の裁判や告発は選挙妨害の一種」とトランプ支持者は考える。有名映画監督の性的スキャンダルには目をつぶり、名作を支持し続ける人がいるのと同じ心理構造だ。

トランプ氏が大統領に返り咲くことこそが、自分自身の禊になると言わんばかりにトランプ氏を援護射撃する英国の政治家がいる。「政界の道化師」ボリス・ジョンソン元英首相だ。英大衆紙デーリー・メール(5月31日)に「機関銃を使った暴徒のような暗殺計画だ」と寄稿した。

「マンハッタンの法廷で陪審員は『有罪』評決を34回も繰り返した。普通の政治的暗殺ではない。暴徒がトランプ氏を機関銃で襲撃したような攻撃だった。これはトランプ氏の世論調査でのリードの終わりを意味するに違いないと左派リベラルメディアは興奮した」(ジョンソン氏)

「識者の明らかな驚きをよそに有権者の大半は評決に無関心であることが判明した。しかし、少なくとも私が目にした世論調査では有罪の評決を受けたらトランプ氏に投票する可能性が高くなると答えた人が15%もいたのには驚いた」(同)

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ネパールの首都で小型機が離陸に失敗し炎上、18人死

ビジネス

仏レミー・コアントロー、4─6月売上高が予想より大

ワールド

台湾金融市場、台風接近で24日休場 TSMCは通常

ビジネス

独消費者信頼感指数、8月は-18.4へ改善 所得期
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story