コラム

トランプ米大統領を誕生させた「生きさせろ」という脱工業化の呪い

2016年11月10日(木)15時08分
トランプ米大統領を誕生させた「生きさせろ」という脱工業化の呪い

ニューハンプシャーの工場で演説するトランプ Brian Snyder-REUTERS

<トランプの逆転勝利は、反グローバル化、反エスタブリッシュメントという意味ではブレグジットと同じ構図。職を奪われ人生を奪われた白人労働者の生存戦略だった。トランプには、真に彼らを救う政策を望む>

 米大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補(70)が予想外の大勝利を収めた9日、ロンドンにあるシンクタンク、国際戦略研究所(IISS)では「トランプ大統領」誕生についてまるでお通夜のような討論会が開かれていた。6月の国民投票で英国が欧州連合(EU)離脱を選択した再現フィルムを見るような展開だった。

 米国の外交と内政を担当するIISSのダナ・アリン氏が「戦後、自由主義の価値を認めない米国の大統領が初めて誕生する」と沈痛な表情を浮かべた。英国のEU離脱決定、米大統領選でのトランプ勝利に続いて、来年4~5月のフランス大統領選で極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首が勝てば、欧米の自由民主主義は終止符を打つともアリン氏は言った。

 反グローバリゼーション、反エスタブリッシュメント(支配層)のドミノ倒しが続く。米国と英国が世界の国内総生産(GDP)に占める割合はそれぞれ25%と3.5%。世界の軍事費に占める割合は36%と3.3%だ。

【参考記事】トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

 英国のEU離脱はともかく、トランプ大統領がこれまでの発言通り、環太平洋経済連携協定(TPP)や環大西洋貿易投資協定(TTIP)交渉、北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄したら、すでに曲がり角を迎えている世界経済はさらに減速するだろう。

死に急ぐ白人男性

「すべての米国人のために働く」「これまで忘れられていた国民をないがしろにするようなことはしない」とトランプは勝利演説で誓った。「スラム化した都市を整備し、インフラを整備する。何百万人という労働力を投入する」「経済成長率を2倍にして、世界最強の経済をつくる」

 英国のEU国民投票でも離脱派がキャメロン首相やEUをエスタブリッシュメントの象徴に仕立て上げ、自分たちは「忘れ去られた庶民の味方」という構図を作り出してから形勢は一気に逆転した。トランプ勝利の原動力は、グローバリゼーションで製造業の生産拠点が海外に移転し、仕事を失ったホワイト・ワーキングクラスだった。

【参考記事】EU離脱派勝利が示す国民投票の怖さとキャメロンの罪

 昨年、ノーベル経済学賞に選ばれたプリンストン大学のアンガス・ディートン教授らの調査で、高等教育を受けていない米国の白人45~54歳の死亡率が1999年から2014年にかけ10万人当たりで134人も増えていることが分かった。原因は心臓疾患や糖尿病ではなく、自殺のまん延、薬物乱用、アルコールによる肝臓疾患、ヘロインの過剰使用、中枢神経抑制剤の処方が原因だった。

【参考記事】トランプ現象の背後に白人の絶望──死亡率上昇の深い闇

 同じカテゴリーで他の先進国や米国ヒスパニック系の死亡率は年々、減少しているのに、米国の中年白人だけが上昇していた。つまり高等教育を受けていない米国の中年白人が先進国の中で、最も悲惨な人生を送っているということだ。民主党のヒラリー・クリントン候補(69)は敗戦の弁で「今後長らく痛みは続くでしょう」と涙を流したが、ヒラリーにはトランプに1票を投じた中年白人の悲哀は永遠に分からないだろう。彼女は紛れもないエスタブリッシュメントの一員だからだ。

【参考記事】【経済政策】労働者の本当の味方はクリントンかトランプか

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が東岸で防衛強化、米爆撃機飛行で─韓国情報当

ワールド

原油先物は小動き、前日の大幅高受け=アジア取引

ビジネス

ギリシャの円滑な支援脱却には速やかな精査必要=ユー

ワールド

SECへのハッカー、試験送信された実際の企業データ

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!