コラム

自由民主主義に背を向ける中東

2023年06月16日(金)20時40分
ライシ大統領, アサド大統領

シリアでイランのライシ大統領とシリアのアサド大統領が署名(5月)YAMAM AL SHAARーREUTERS

<アサド政権が10年以上も内戦を生き抜いているのは、ロシアとイランからの手厚い軍事支援のおかげ。今年に入ってからの急速な中東諸国間の関係改善が進む「道」とは?>

中東諸国間の関係改善が進んでいる。

3月10日にイランとサウジアラビアが国交回復で合意したのに続き、4月12日にはバーレーンとカタールが国交回復で合意。5月29 日にはトルコとエジプトが互いに大使を派遣することで合意し、イランとエジプトの国交回復も近いと報じられた。

同じく5月には、2011年の内戦開始以降、反体制派に対する弾圧を理由にアラブ連盟への参加資格を停止されていたシリアの連盟復帰が認められ、アサド大統領がサウジで開催されたアラブ連盟サミットに参加した。

中東で孤立してきたイランとシリアに共通するのは、ロシアとの親密な関係だ。イランは22年にロシアがウクライナに軍事侵攻して以来、ロシアに数百機を超える無人機を供与し、実質的にロシアにとって最大の軍事支援国となっている。

イランは公式にはロシアへの軍事支援を否定しているが、一方でロシアに無人機を「侵攻開始前に少数」供与した事実は認めている。

ロシアはウクライナの首都キーウを標的に、5月だけで17回もの攻撃を実行した。パニックに陥り逃げ惑う人々の中には、通学中の子供たちの姿も多く確認されている。こうした民間人を標的にした攻撃にしばしば用いられているのがイラン製無人機「シャヘド」だ。

ウクライナのゼレンスキー大統領は5月下旬、イランに対し、「毎晩ウクライナを恐怖に陥れるあなた方のシャヘドが意味するのは、イランの人々が歴史の暗黒面に深く深く追い込まれていくことだけだ」と非難した。

これに対しイランは、ゼレンスキーの批判は「妄言」であり、反イランのプロパガンダにすぎないと反論した。しかし、民間人や民間インフラを標的とした無差別でありながら意図的な攻撃は、戦争に関する国際規則における戦争犯罪に当たる。

イランはロシアの戦争犯罪に加担しているというそしりを免れない。一方シリアは、ロシアのウクライナ侵攻に賛意を表明した数少ない国の1つである。

アサド政権が11年以来続いている内戦を生き抜くことができたのは、ロシアとイランからの手厚い軍事支援があったからだ。現在もシリアにはロシアとイランの軍隊が駐留し、アサド政権軍を支援している。シリアはロシアの忠実な「臣下」でい続けなければならない状況が続く。

プロフィール

飯山 陽

(いいやま・あかり)イスラム思想研究者。麗澤大学客員教授。東京大学大学院人文社会系研究科単位取得退学。博士(東京大学)。主著に『イスラム教の論理』(新潮新書)、『中東問題再考』(扶桑社BOOKS新書)。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、自律反発期待の買い 戻りは鈍い

ビジネス

午後3時のドルは157円後半で一進一退、豪ドルが上

ビジネス

企業向けサービス価格指数、5月速報から2020年基

ワールド

マレーシアと中国、5年間の経済協力協定を更新へ 李
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 9

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story