ニュース速報
ワールド

アングル:熱帯雨林アマゾン、道路整備に賛否 干上がる水運

2024年05月20日(月)08時53分

ブラジルのアマゾン熱帯雨林を貫く国道319号線は今、世界最大の熱帯雨林アマゾンでインフラ事業と環境保護をどのように両立するのかという課題を象徴する存在となっている。写真はアマゾナス州カレイロ・ダ・バルゼアの干上がった河床。2023年10月撮影(2024年 ロイター/Bruno Kelly)

Andre Cabette Fabio

[レアリダーデ(ブラジル) 15日 トムソン・ロイター財団] - ブラジルのアマゾン熱帯雨林を貫く国道319号線(BR─319)は、アマゾナス州の州都マナウスとロンドニア州の州都ポルトベリョを結ぶ幹線道路だ。総延長は885キロに及び、北に向かうほどアスファルトの舗装が薄くなり、木材を運ぶトラックは道路上の穴を避けてジグザグに走る。1970年代の建設以降に舗装の多くが失われ、6カ月間続く雨季には多数の区間がぬかるみと化す。

BR─319は今、世界最大の熱帯雨林アマゾンでインフラ事業と環境保護をどのように両立するのかという課題を象徴する存在となっている。気候変動に伴う干ばつの多発でこの地域の水運が難しくなり、ルラ政権はBR―319再舗装化を宣言。経済的利益や地域住民の生活改善、森林破壊などの観点から道路整備の是非が問われる事態となっているためだ。

研究者らはBR─319補修により、ブラジルで最も保存状態の良い熱帯雨林の大部分が集中するアマゾナス州で森林伐採が急増し、気候変動と闘うために森林の減少を食い止めようとするルラ政権の取り組みが脅かされる恐れがあると懸念している。

しかし、道路補修を求める声は大きくなるばかりだ。

昨年の記録的な干ばつでアマゾンの水路は水位が極端に低下。船舶の航行がほぼ不可能になり、農民や住民はBR―319に頼らざるを得なくなった。

フマイタ市レアリダーデ地区では2013年に未舗装部分の整備が再開し、主要都市までの所要時間が大幅に短縮された。舗装工事はまだ始まっていない。

フマイタ市のデデイ・ロボ市長は工事を歓迎している。5月から水不足がさらに深刻化し、BR―319の必要性が高まると考えている

道路補修が環境問題に及ぼす影響については、「列車や地下鉄、路面電車などがある数々の『世界の一等国』から資金提供を受けたNGOが始めた一時的なブーム」にすぎないと一蹴。アマゾン川流域の住民が暮らしているのは「(NGOが神聖視する自然という)祭壇の中」と思い込んでいると呆れる。

市長は、環境保護区の森林伐採は連邦政府の検問所再稼働で食い止められるはずだと主張する。

しかし、草の根環境保護団体で構成する「アマゾン学際ネットワーク(RETA)」は、レアリダーデ近郊はBR─319の補修工事がすでに地価を押し上げていると指摘。コーディネーターのディオネイア・フェレイラ氏は、補修が土地の強奪と森林破壊に拍車をかけていると話す。

環境保護活動家はBR―319の開発によって伐採者や農民、土地収奪者による無許可の側道の延伸を警戒している。この側道は宇宙から見ると魚の骨のように見えることから「フィッシュボーン」と呼ばれる。天文台の23年の分析によると、BR─319に沿って作られた違法な側道は5092キロに達していた。

<悪循環>

23年に政権に復帰したルラ氏はアマゾン保護の政策を打ち出したが、強力な農業ロビー団体と地元住民の強い要求を受け入れ、BR―319の舗装を約束。議会下院は12月、舗装を可能にするために環境規制を緩和する法案を可決した。この法案は、欧米諸国が支援する13億ドルのアマゾン基金など自然保護基金の舗装プロジェクトへの利用を認めるものだ。

政府は27年までに406キロの中間区間を舗装する計画で、今年の4月下旬にはすでに環境許認可を取得している20キロの北部区間を舗装するための入札手続きを開始した。

専門家からは、アマゾン地域で道路を拡張すれば森林破壊が進み、そもそも陸上輸送網の整備が必要になった原因である気候変動問題をさらに悪化させるのではないかと懸念している。

「道路舗装は森林伐採にも影響し、干ばつのリスクを高めるかもしれない」と、イマゾン環境研究所のカルロス・ソウザ・ジュニア氏は言う。

一方、レアリダーデのような地域では、森林破壊の進行が必ずしも悪いことだとは誰も思っていない。

レアリダーデでコーヒーを生産するノルベルト・ラウレさんは、森林伐採によって「日々の糧がもたらされ、大都市に住まなくても済むようになる」としつつ、伐採は法にのっとって行わなければならないと語る。

補修作業は順調に進んでいる。ブラジルの宇宙研究所によると、12―22年にフマイタの年間森林伐採量は20倍に急増。アマゾナス州南部は農業ビジネスと森林喪失の新たなフロンティアとしての地位を確固たるものとした。

<賛成派は影響否定>

補修を支持する人たちは、この道路が森林伐採を促しているとの見方を否定する。

コロネル・クリソストモ下院議員は「この道路は50年前からあるが、中央部の未舗装部分では森林伐採は起こっていない」と述べた。

また、森林伐採の悪影響を受けている人たちの多くも、BR―319の舗装によって遠隔地へアクセスしやすくなるというメリットを感じている。

農業を営むホセ・アントニオ・デ・フレイタスさんは、新たに開拓された広い土地に引かれて10年にレアリダーデに定住した。ルラ大統領なら過去の実績からプロジェクトを推進できると確信している。「反対派は成長と発展について考えていない。私はトラックの税金を払っているのだから道路は整備されるべきだ」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中