ニュース速報

ビジネス

中国不動産投資、8月は+7.8%に加速 市場の底堅さ示す

2017年09月14日(木)16時01分

 9月14日、 中国国家統計局が14日に発表した1─8月の不動産投資は前年比7.9%増となり、伸び率は1―7月から横ばいだった。写真は上海で2月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局が14日に発表した8月の不動産投資は、前月から伸びが加速した。政府の抑制策にもかかわらず需要の底堅さが示された。

5年に一度の共産党党大会を10月に控え、市場の安定維持を望む中国の政策当局者にとって朗報と言える。

不動産投資は中国でその他40のビジネスセクターに直接的な影響を及ぼし、中国経済の重要な推進力とみられている。

アナリストは不動産投資の加速について、小規模都市で今年見られている旺盛な需要を背景に、減少しつつある住宅在庫の補充に積極的な開発業者の姿勢を映しているとみている。

スタンダード・チャータードのグレーターチャイナ調査部門のチーフエコノミストは「短期的には依然として下向きのリスクがある」と指摘。「投資の加速は短期的な変動である可能性があり、全般的なトレンドは年内のさらなる減速を示している」と述べた。

ロイターが統計局のデータから算出した8月単月の不動産投資は、前年比7.8%増となり、7月の4.8%増から伸びが加速した。

8月の新築着工(床面積ベース)は前年比5.3%増加。7月は昨年9月以来のマイナスを記録していた。

8月の不動産販売(床面積ベース)は前年比4.3%増加し、7月の2%増から加速した。

ロイターが実施した調査では、アナリストは2017年の住宅価格の伸びが当初予想よりも加速すると見込んでいる。

1─8月の不動産投資は前年比7.9%増となり、伸び率は1―7月から横ばいだった。

新築着工(床面積ベース)は1―8月に7.6%増となり、1―7月の8%を下回る伸びとなった。

1―8月の不動産販売(床面積ベース)は前年比12.7%増と、1―7月の14%増から伸びが鈍化した。

前出のスタンダード・チャータードのエコノミストは、多くの地方政府が年初から積極的に土地を買い上げ、すでに多額の債務を抱えていることに言及し、「比較的タイトな信用供給が続いた場合、今後の開発業者の投資力に明らかに影響を及ぼす」と指摘した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 4

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 9

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!