ニュース速報

ビジネス

焦点:「トランプ・トレード」巻き戻し活発化、政権に不透明感

2017年05月19日(金)09時20分

 5月17日、金融市場では、米国の経済成長と物価上昇の加速に賭ける「トランプ・トレード」の巻き戻しや手じまいが活発化している。写真はホワイトハウスで17日撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 金融市場では、米国の経済成長と物価上昇の加速に賭ける「トランプ・トレード」の巻き戻しや手じまいが活発化している。

こうした動きが顕在化したのはトランプ大統領がコミー連邦捜査局(FBI)長官を解任してからで、政治的な混乱から税制改革などの早期実現が難しくなるとの見方が広がったためだ。足元ではロシアによる米大統領選介入疑惑を巡り、トランプ氏がコミー氏にフリン前大統領補佐官に対する捜査打ち切りを要求したと伝えられたことから、米政権の先行き不透明感がさらに強まった。

その結果、米国株は昨年11月の大統領選以降で最大の下げを記録。大統領選後に5%強上昇してきたドルは、そうした値上がり分を吐き出し、向こう5年の予想物価を示す指標の1つは11月終盤以降の最低水準になった。

ガーバー・カワサキ・ウェルス・アンド・インベストメント・マネジメントのロス・ガーバー共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は「本日をもってトランプ・トレードは終了した」と話す。同社は過去45日にわたって株を売っており、今もリスク性資産には弱気姿勢を維持。ガーバー氏によると、17日にはいつもと違って初めて機関投資家のまとまった売りが見られたという。

ウィーデンのチーフ・グローバル・ストラテジスト、マイケル・パーブス氏は「機関投資家が『米国を去る時がきた』と言っているわけではないが、さまざまな理由からいったん様子見する時期になったということだ」と述べた。

UBSセキュリティーズの米国株・デリバティブ戦略エグゼクティブ・ディレクター、ジュリアン・エマニュエル氏は、顧客が「不確実性が増したため明らかに不安を感じている」と打ち明けた。

トランプ氏が多くの政治的な問題を抱えてしまったことで、税制改革の実現までの道のりは遠くなった、と投資家はみている。

イートン・バンスのエドワード・パーキン最高株式投資責任者は「大統領選直後は、当社のアナリストに減税を想定したモデル構築を求めていたが、ここ数日でやはり現行の税率をモデルに適用すべきではないかと考え中だ」と語った。

ライアン下院議長は17日、共和党は税制改革を推進し続ける決意だが、そうした取り組みが重大な支障をきたす恐れがあると表明した。

トムソン・ロイター傘下のリッパーのデータによると、最近数週間で米国株ファンドからは112億ドルが流出し、欧州株ファンドに資金が殺到している。レーデンバーグ・タールマン・アセット・マネジメントのフィル・ブランカートCEOは「米国株のヘッジ先として外国株投資の拡大を検討している。われわれはポートフォリオを大きく修正しつつある」と説明した。

より長い目で見た場合の懸念要素として、トランプ氏が議会によって弾劾された場合の政治的な不透明感が挙げられる。与党・共和党内からでさえ、トランプ氏とロシアの関係を究明するための独立調査を求める声が増えており、1人は弾劾に言及した。

ただ大統領職をペンス副大統領が引き継ぐとすれば、必ずしも市場にとってマイナスではないかもしれない。スタンダード・ライフ・インベストメンツのグローバル・シーマティック・ストラテジスト、フランセス・ハドソン氏は「政策手法の面では(ペンス氏とトランプ氏に)大きな差はないだろう」とみている。

(Megan Davies、Jennifer Ablan記者)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルーマニアなどの小国と

  • 2

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 7

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNAT…

  • 8

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    悲しみのアリアナは里帰り ロンドン公演中止で業界…

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 10

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!