ニュース速報

ビジネス

セブンイレブンがセイノーHDと提携、宅配や御用聞きなどを拡充

2017年04月21日(金)18時39分

 4月21日、セブン―イレブン・ジャパンは、セイノーホールディングス と業務提携し、宅配や御用聞きのサービスの拡充を行うと発表した。写真はセブン―イレブンの看板、1月都内で撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 21日 ロイター] - セブン―イレブン・ジャパンは21日、セイノーホールディングス <9076.T>と業務提携し、宅配や御用聞きのサービスの拡充を行うと発表した。

セイノーHDがセブンイレブン専用の100%出資の子会社を設立し、サービスを展開する。

新会社は「GENie(ジーニー)」。女性スタッフが中心となって、複数の店舗を受け持つ。2014年から広島県などでテストを重ねてきた。現在、1都7県の約150店舗で実施しており、19年2月末までに全国3000店舗へ拡大する予定。

高齢者や働く女性の増加から、宅配のニーズは高まっているが個店での対応には限界があったという。一方、セイノーHDも、「買い物弱者」を社会課題のひとつとして認識し、その解決策を進めていた。セブンイレブンの野田静真取締役は「お届けサービスはブルーオーシャン」と述べ、事業拡大に自信を示した。

現在、150店舗で100名程度のスタッフが従事している。セイノーHDの河合秀治オープンイノベーション推進部室長(ジーニー社長)は「地域の女性がスタッフの中心。地域へ貢献したい人が働くことが可能な時間でできる」とし、店舗拡充にあたってもスタッフ不足の懸念はないとした。

(清水律子)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

ワールド

米、インドネシアと防衛協力強化へ 中国念頭に国防長

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 4

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 5

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    欧州初、ドイツで寄生虫の卵のサプリメントが合法的…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ