コラム

米政府に潜むキューバのスパイたち......「潜入成功」の3つのポイントとは

2023年12月12日(火)18時22分
キューバ

FBIの覆面捜査官と面談した際のロチャ U.S. DISTRICT COURT/SOUTHERN DISTRICT OF FLORIDAーHANDOUTーREUTERS

<アメリカの元駐ボリビア大使がキューバのスパイとして40年以上活動していたことが最近わかった。なぜ米政府への潜入は成功したのか。3つのポイント>

最近、ビクトル・マヌエル・ロチャ(73)というアメリカの元駐ボリビア大使がキューバのスパイとして40年以上にわたり活動していたとして起訴された。私は米連邦政府で働いていたとき、ロチャと一緒に仕事をした経験はないが、似たような話は見聞きしてきた。

キューバの情報機関は何十年もの間、ロチャの母校である米ジョージタウン大学や私の母校ジョンズ・ホプキンズ大学など、アメリカのエリート外交官養成機関に浸透していた。

40年前、私が大学院で学んでいたときに国際経済学の教員だったケンドール・マイヤーズという人物は、米東海岸のエリート階級出身で、愛想がよく、アメリカを愛しているように思えた。その後、私たちは米情報機関でも一緒に働いた。そのマイヤーズは今、キューバのスパイだったとして仮釈放なしの終身刑を言い渡され刑務所に入っている。

大学院時代の同級生の1人に、アナ・モンテスという物静かな女性がいた。モンテスもアメリカの情報機関で働いたが、やはりキューバのスパイだったとして25年の刑を言い渡された(20年の刑務所暮らしの末に今年釈放された)。

キューバの情報機関は、世界でも指折りの高度な能力を持っているともいわれる。しかし、アメリカの情報機関も優秀だ。ではなぜ、キューバは何十年もの間、米政府内に繰り返しスパイを送り込めているのか。ここで情報機関の手法の種明かしをすることはできない。それでも、キューバがスパイ獲得に成功してきた理由として指摘できる要素が3つある。

■時間 優れた情報機関は、スパイの育成と獲得に途方もなく長い期間をつぎ込む。ロシアは工作員を対象国に送り込んで「普通」の市民として人生を送らせ、いざというときに「活動開始」させる手法で知られている。キューバ政府も南米コロンビア出身のロチャを子供時代にアメリカに送り込み、アメリカで生涯を送らせていたようだ。

FBIなどのテロ対策機関にとって、全く問題を起こさずに生きてきた人物が外国のスパイだと突き止めることは容易でない。このジレンマは日本も無縁ではない。日本社会に、北朝鮮の「スリーパー(潜伏工作員)」が暮らしているという噂は絶えない。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米大統領選資金集め、4月はトランプ氏が初めてバイデ

ビジネス

英GSK「ザンタック」、発がんリスク40年隠ぺいと

ビジネス

アストラゼネカ、シンガポールに15億ドルで抗がん剤

ビジネス

BMW、禁止対象中国業者の部品搭載した8000台を
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 8

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 9

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story