コラム

米政府に潜むキューバのスパイたち......「潜入成功」の3つのポイントとは

2023年12月12日(火)18時22分
キューバ

FBIの覆面捜査官と面談した際のロチャ U.S. DISTRICT COURT/SOUTHERN DISTRICT OF FLORIDAーHANDOUTーREUTERS

<アメリカの元駐ボリビア大使がキューバのスパイとして40年以上活動していたことが最近わかった。なぜ米政府への潜入は成功したのか。3つのポイント>

最近、ビクトル・マヌエル・ロチャ(73)というアメリカの元駐ボリビア大使がキューバのスパイとして40年以上にわたり活動していたとして起訴された。私は米連邦政府で働いていたとき、ロチャと一緒に仕事をした経験はないが、似たような話は見聞きしてきた。

キューバの情報機関は何十年もの間、ロチャの母校である米ジョージタウン大学や私の母校ジョンズ・ホプキンズ大学など、アメリカのエリート外交官養成機関に浸透していた。

40年前、私が大学院で学んでいたときに国際経済学の教員だったケンドール・マイヤーズという人物は、米東海岸のエリート階級出身で、愛想がよく、アメリカを愛しているように思えた。その後、私たちは米情報機関でも一緒に働いた。そのマイヤーズは今、キューバのスパイだったとして仮釈放なしの終身刑を言い渡され刑務所に入っている。

大学院時代の同級生の1人に、アナ・モンテスという物静かな女性がいた。モンテスもアメリカの情報機関で働いたが、やはりキューバのスパイだったとして25年の刑を言い渡された(20年の刑務所暮らしの末に今年釈放された)。

キューバの情報機関は、世界でも指折りの高度な能力を持っているともいわれる。しかし、アメリカの情報機関も優秀だ。ではなぜ、キューバは何十年もの間、米政府内に繰り返しスパイを送り込めているのか。ここで情報機関の手法の種明かしをすることはできない。それでも、キューバがスパイ獲得に成功してきた理由として指摘できる要素が3つある。

■時間 優れた情報機関は、スパイの育成と獲得に途方もなく長い期間をつぎ込む。ロシアは工作員を対象国に送り込んで「普通」の市民として人生を送らせ、いざというときに「活動開始」させる手法で知られている。キューバ政府も南米コロンビア出身のロチャを子供時代にアメリカに送り込み、アメリカで生涯を送らせていたようだ。

FBIなどのテロ対策機関にとって、全く問題を起こさずに生きてきた人物が外国のスパイだと突き止めることは容易でない。このジレンマは日本も無縁ではない。日本社会に、北朝鮮の「スリーパー(潜伏工作員)」が暮らしているという噂は絶えない。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

G7声明、日本の主張も踏まえ為替のコミット再確認=

ビジネス

訂正(発表者側の申し出・17日配信の記事)-トヨタ

ビジネス

UBS、新たな人員削減計画 クレディ・スイス統合で

ビジネス

G7財務相、イラン制裁やロシア凍結資産の活用で協力
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    【画像】【動画】ヨルダン王室が人類を救う? 慈悲深くも「勇ましい」空軍のサルマ王女

  • 3

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

  • 4

    パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972…

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 5

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story