コラム

ゴールデン・グローブ授賞式の片隅で

2010年01月21日(木)11時51分
ゴールデン・グローブ授賞式の片隅で
ゴールデン・グローブ賞授賞式の会場に立つ筆者。テレビ番組の取材のために紋付、袴を着ている(1月17日)

「授賞式が間もなく始まります。御着席ください!」

 アナウンスが始まった。

 オイラは、ゴールデン・グローブ賞の受賞式が行われるビバリー・ヒルトン・ホテルにいる。テレビ局に頼まれてレッドカーペットを歩いてくるスターや監督たちにインタビューしていたのだ。なにぶん初めてのことだからドジを踏みまくったが、詳しいことはラジオや雑誌で。

 ドタバタの挙句、式典が始まる時間が来て、これで終わりか......とため息をついてたら、ひと際大きな歓声が上がった。

 あの白髪は......ジェームズ・キャメロンだ! どんなスターよりも悠然と、笑みをたたえて手を振るキャメロンはまるで王者。なぜ?
 
 キャメロンが作品賞と監督賞にノミネートされている『アバター』は『タイタニック』に迫る大ヒットになったが、ゴールデン・グローブらしくない作品なのに。

 ゴールデン・グローブ賞はハリウッドの外国記者クラブ90人あまりの投票で決まる。その平均年齢は50歳くらいだ。過去の例を見ると、娯楽作よりは問題作、大作よりはインデペンデントの小品を評価する傾向がある。つまり、批評家ウケする作品が賞を獲る。『アバター』のようなアクション大作が受賞した例は少ない。

 だから、ジョージ・クルーニーがリストラ請負人を演じた『マイレージ・マイライフ』や、キャメロンの元妻であるキャサリン・ビグロー監督によるイラクの爆発物処理班を描いた『ハート・ロッカー』のほうが有力だ。実際、『ハート・ロッカー』はすでにロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストン、シカゴ、ラスベガスなど各市の映画批評家協会で軒並み最優秀作品賞をかっさらい、とどめに全米映画批評家協会賞にも輝いた。

 いっぽう『アバター』は作品としての評価は低い。アメリカで最も売れている芸能雑誌『エンターティンメント・ウィークリー』は今年の映画ベストテンから『アバター』を外した(ちなみにベストワンは『ハート・ロッカー』と『マイレージ・マイライフ』だ)。その理由を同誌はこう書いている。

「この映画のスムーズでバーチャルな表面の奥には何のサブテキストもない。観ている端から消えていってしまう」

 そのほか、批評家たちの意見を総合すれば、こうなる。『アバター』は、ポカホンタスの物語を『ダンス・ウィズ・ウルブス』と組み合わせ、ブロードウェイ版『ライオンキング』風の原住民と、キャメロンの『エイリアン2』の海兵隊を戦わせた映画。3DとCGの技術以外には何も新しいこと、見るべきことはない。また、技術革新という意味ではスピルバーグの『ジュラシック・パーク』のほうが大きなジャンプだった。

 それなのにキャメロンのこの、すでに勝利したかのような余裕の微笑みは何だ?

 ホテルの部屋に戻ってゴールデン・グローブの中継を観た。何かがおかしい、と思ったのは長編アニメーションの発表からだった。ピクサーの『カールじいさんの空飛ぶ家』が受賞したのだが、これは興行成績では確かにトップだが、アニメーションとしての評価はストップモーションによる『コララインとボタンの魔女』や『ファンタスティック・ミスター・フォックス』のほうが遙かに高かった。

 ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を『シャーロック・ホームズ』のロバート・ダウニーJr.が受賞したときには思わず声が出た。これはミュージカルでもコメディでもないよ! アクション・コメディではあるけど、これをコメディに分類すると『マイレージ・マイライフ』だってトラジコメディ(悲喜劇)だし、何でもかんでもコメディになってしまう。コメディ演技という点なら『インフォーマント!』でハゲ・デブの性格破綻者を演じたマット・デイモンのほうが凄いだろ。

 そしてジェームズ・キャメロンが監督賞に選ばれた。キャメロンが「監督賞は『ハート・ロッカー』のキャサリン・ビグロー(元妻)だと思ってた」と述べたのは本音だろう。しかし、これでわかった。今回のゴールデン・グローブ賞はいつもと違ってメジャー大作が有利なのだ。ということは、『アバター』の作品賞は間違いない。

 取材班の別部隊でプレス・ルームにいた人から聞いた話では、『アバター』が受賞した瞬間、プレス・ルームの記者からはブーイングが起こったという。「でも、理由があるんですよ」その人は言う。

「『アバター』は去年の年末、公開直前にやっと完成しましたけど、最初にゴールデン・グローブの審査員たちを招待して特別試写をやったそうです」

 審査員を懐柔する目的ではなく、実際に完成が遅れたので特別試写するしかなかったのだと思う。でも、投票直前にあんなものを見せられたのでは、審査員も冷静な判断ができなかっただろう。そもそも他の作品は審査員によって観ていたり観ていなかったりするわけだから、全員に見せれば勝ちやすくなる。

 去年、アカデミー外国語映画賞を日本の『おくりびと』が受賞した時も、アメリカではアカデミー会員を招待しての特別試写しか行われていなかった。彼ら以外に誰も見ていない映画がアカデミー賞を取ってしまったのだ。投票者だけをピンポイントで狙えば映画賞は取れるというわけ。

 しかし、すでに世界的に大ヒットしている『アバター』に賞を与えることに何の意味があるのか? 宣伝費をかけられない小品を賞で後押ししてやるのがゴールデン・グローブなどの批評家賞の役割ではないのか?

 ゴールデン・グローブもしょせんアカデミーと同じで作品の出来と関係ないのか。バカバカしい。......と思ってたら、日本から連絡。日本で『ハングオーバー』の劇場公開を求める署名運動をやってるわたなべ君からだ。『ハングオーバー』は全米で大ヒットしたコメディだが、日本では劇場公開されずにDVD発売されるはずだった。それが今、突然、劇場公開されることになったという。さっきゴールデン・グローブのコメディ部門で作品賞を受賞したかららしい。うーん、ちゃんと賞も役には立つんですな。

プロフィール

町山智浩

カリフォルニア州バークレー在住。コラムニスト・映画評論家。1962年東京生まれ。主な著書に『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』(文芸春秋)など。TBSラジオ『キラ☆キラ』(毎週金曜午後3時)、TOKYO MXテレビ『松嶋×町山 未公開映画を観るテレビ』(毎週日曜午後11時)に出演中。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 2

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 3

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 4

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 7

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 8

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 9

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 10

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!