小谷哲男

明海大学准教授、日本国際問題研究所主任研究員を兼任。専門は日本の外交・安全保障政策、日米同盟、インド太平洋地域の国際関係と海洋安全保障。1973年生まれ。2008年、同志社大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。米ヴァンダービルト大学日米センター研究員、岡崎研究所研究員、日本国際問題研究所研究員等を経て2018年4月より現職。主な共著として、『アジアの安全保障(2017-2018)(朝雲新聞社、2017年)、『現代日本の地政学』(中公新書、2017年)、『国際関係・安全保障用語辞典第2版』(ミネルヴァ書房、2017年)。平成15年度防衛庁長官賞受賞。

在韓米軍

現実味を帯びてきた在韓米軍撤収のシナリオ

2018.07.13
米朝首脳会談

米朝「核合意」の必要十分条件とは

2018.06.07
北朝鮮核

金正恩が目指す核なき世界:南北宣言の「完全なる非核化」が意味するもの

2018.04.29
  • 1

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 9

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は