最新記事
ウクライナ戦争

接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

Ukraine's Bradley M2 Knocks Out Russian BTR in Head-On Duel: Video

2024年6月11日(火)19時35分
エリー・クック
M2ブラッドレー歩兵戦闘車

M2ブラッドレー歩兵戦闘車(2016年9月、リトアニア・パブラデ) Karolis Kavolelis-Shutterstock

<両軍の車両が砲火を交えつつ接近する緊迫の戦闘シーンが記録された>

ウクライナ東部の戦闘の中心地で、ウクライナ軍のブラッドレー歩兵戦闘車が、ロシア兵を乗せた装甲兵員輸送車(APC)を攻撃する場面とみられる新たな動画が公開された。

【動画】接近戦で「蜂の巣状態」にされる装甲車から、ロシア兵が「転げ落ちる」衝撃シーン

ウクライナの第47独立機械化旅団の声明によれば、ブラッドレーの乗員たちはウクライナ東部の都市ポクロウシクに近い前線沿いで、装甲兵員輸送車に乗って移動していたロシア兵たちと「至近距離で」衝突したという(ロシア側の装甲兵員輸送車は、OSINTアカウントによってBTR-82Aと特定された)。

米国防総省によれば、アメリカはこれまでに300両以上のブラッドレーをウクライナ軍に供与してきたという。米国が供与した「エイブラムス」戦車の唯一の配備先である第47旅団は、ウクライナのかつての要塞で、現在はロシアの支配下にあるアウディーイウカの西で戦闘を続けている。この地域でロシア軍は徐々に前進し、力を集中させている(ロシア軍は先月、ウクライナ北東部のハルキウ州においても新たな攻撃を仕掛けている)。

第47旅団は、「ロシア軍の装甲兵員輸送車を攻撃するブラッドレー」を映したとする動画を共有した。この映像では、両軍の車両が砲火を交えつつ接近する様子が見て取れる。少なくとも1人の兵士が装甲兵員輸送車から転げ落ちると、車両はそのまま煙をたなびかせながら道を外れていくのが確認できる。

「動画に映っているこの装甲兵員輸送車は集落に侵入していた」と同旅団は述べているが、正確な場所については説明していない。本誌はこの映像を独自に確認できておらず、電子メールでロシア国防省にコメントを求めている。

衝突の「中心地」

2年あまりにわたるウクライナ戦争において、ひときわ激しい戦闘の大半はウクライナ東部、とりわけドネツク州全域で起きている。同州は、ロシアが併合を主張しているが完全には掌握できていない地域だ。

ロシア軍は5月上旬にハルキウ州への越境攻撃を開始したが、この時もウクライナは東部での猛烈な攻撃について伝えていた。

第47旅団は数日前、ポクロウシク市の東での衝突が戦闘の「中心地」だと述べていた。ポクロウシクはウクライナにとって、この地域における防御の要となる都市だ。

ウクライナ軍は、現地時間10日午前10時30分に出した声明の中で、過去24時間でロシア軍は269人の死傷者を出したと発表。前線のこの地域で、装甲戦闘車両2両と砲撃システム2基を破壊したと付け加えた。同軍はさらに、ロシアの戦車、装甲車両、さらに2基の砲撃システムも損傷を受けたとしている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中