最新記事
高速鉄道

中国「一帯一路」の高速鉄道を欧州の親ロシア諸国首脳が「奇跡」と絶賛

Chinese High-Speed Rail Project in Europe Hailed as 'Miracle'

2024年6月11日(火)16時57分
ジェームズ・ビッカートン

中国の高速鉄道「復興号」のメンテナンス作業(5月31、江西省九江市の九江科技駅)Photo by Costfoto/NurPhoto

<いずれもロシアと親しいハンガリーとセルビアを結ぶ高速鉄道を中国が請け負う政治力>

セルビアの首都ベオグラードで6月7日、ハンガリーと同国を結ぶ高速鉄道路線を走る予定の車両のお披露目があり、アレクサンダル・ブチッチ大統領は路線の建設に携わっている中国企業を称えた。

【動画】高速列車が普通電車を抜き去る速さが驚異と中国で拡散された

ベオグラードとハンガリーの首都ブダペストを結ぶ高速鉄道路線は、ヨーロッパにおける中国の「一帯一路」経済圏構想の一環だ。アジアからアフリカ東部、東ヨーロッパにかけての広い範囲のインフラを開発するという大がかりな計画で、2013年に中国政府が発表した。中国政府の影響力強化を目指す試みの一つでもある。

 

中国はセルビアとハンガリー両国との関係強化に努めており、5月にヨーロッパを訪問した習近平国家主席も、フランスに続いて両国を訪れた。両国ともに、中国にとっては重要な友好国であるロシアと良好な関係を維持している(ハンガリーはEUとNATOの加盟国であるにもかかわらずだ)。

中国国営新華社通信によれば、7日にベオグラードでお披露目された列車の最高時速は200キロ。定員は250人だという。

ブチッチはこの場で、セルビアが中国中車(CRRC)にこの列車を5編成、発注したと明らかにした。

自前で車両の製造もやりたい「本音」

ブチッチは述べた。「契約では、2025年末までに全ての車両が納入されることになっている。われわれは9月、遅くとも11月中にはベオグラード-スボティツァ間で試験走行を行う。そのときはこの列車に乗れるかもしれない」

ブチッチは高速鉄道路線の建設にあたっている中国企業にも言及した。「特に中国交通建設(CCCC)には感謝したい。同社はたぶん、セルビアで仕事をした企業の中で最高の企業だ。まさに奇跡であり、関係者の働きぶりはすばらしい」

建設には複数の中国企業が関わっており、すでにセルビア第2の都市ノビサドとベオグラードを結ぶ区間は完成しており、ハンガリーとの国境に近いスボティツァまでの区間も12月までに完成の予定だ。ブダペストまで開通すれば、路線の全長は350キロメートルになる。

ブチッチはまた、セルビアが自力で列車を製造できるようになることへの期待を示した。「わが国は最高品質の非常に美しい列車を輸入しているが、遠くない未来に自分たちでも列車を作れるようになればと思う。それはセルビアの成長にとっては非常に重要なことになるだろう」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中