最新記事
サメ被害

米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

Florida shark attacks

2024年6月13日(木)17時42分
アイラ・スリスコ
米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

※写真はイメージです Sergey Uryadnikov - shutterstock -

<米フロリダ州ウォルトン郡で海水浴客がサメに襲われる事故が相次ぎ、被害に遭った人々は手足を切断するなどの重傷を負った。2時間足らずの間に2カ所で3人がサメに襲われた>

6月7日、45歳の女性と10代の少女2人が数時間の間に別々の場所でサメに襲われた。3人とも怪我は快方に向かっているという。

怪我をした15歳の少女ルル・グリビンの母親であるアン・ブレア・グリビンは9日、入院患者やその家族の支援ネットワーク構築を手助けするウェブサイト「CaringBridge」に投稿を行い、娘の容態や娘が人工呼吸器を外して最初に発した言葉を共有した。

【動画】米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症

「(医師によれば)娘は左手をサメに噛みちぎられており、右足は膝と腰の中間あたりで切断しなければなりませんでした」とアンは投稿し、さらにこう続けた。

「娘は体内の血液の3分の2も失っていました。もちろん、自分の子どもがそんな目に遭うとは誰も思いませんが、不幸中の幸いで娘は生きています」

「娘の回復は順調で、8日には人工呼吸器のチューブが外れ、自力で呼吸ができました」と彼女はさらにつけ加えた。「これが最初の大きな一歩でした。そして落ち着いたところで娘が最初に私たちに言ったのは『わたし、やったわ』という言葉でした。そう彼女は、生き延びたのです」

アンは続けて、サメに襲われた時のことについて入院中のルルが語った内容を共有した。砂州で友人5人とウニを探していたところ、サメに「手を咬まれ、次に足を咬まれた」という。

近くにいた勇敢な人々が救助にあたる

その後ルルの友人(17)が足を咬まれたところで、近くにいた人々が助けに駆けつけてきた。米CBSの系列局WTVRによれば、この17歳の友人は「片方の足に軽傷を負った」ということだ。

「ルルによれば、男性が彼女のもう片方の腕をつかんで引っ張り、別の若い青年が岸まで連れていってくれたそうです」とアンは書き、さらにこう続けた。「岸にたどり着いたところに2人の医師と若い女性2人がいて、女性のうち一人は看護師でした」

「彼らがルルの傷口に止血帯を巻いてくれました。それが娘の命を救う上で、きわめて重要な役割を果たしたと思います」

「これから娘は幾つもの手術を受けることになり、私たち家族の生活はこれまでとは完全に違うものになるでしょう。それでも、ルルは強くて美しくて勇敢で、数えきれないほどたくさんの素晴らしいところがあります」

さらに10日に行った投稿の中でアンは、ルルが入院中に自分をサメから引き離しビーチまで運んでくれたという2人の男性に会い、彼らに「命を救ってくれてありがとう」と伝えたと明かした。

またルルは家族に、自分が怪我をしたから「ママとパパは障害者用の駐車場を使えるようになるね」と冗談を言ったという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ

ワールド

情報BOX:米大統領選、ハリス氏対トランプ氏で中絶
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中