最新記事
ウォール街

映画『ウォール街』の非情な投資家ゴードン・ゲッコーのモデルになった大物トレーダー、死去

How Ivan Boesky, Infamous 1980s Wall Street Trader, Inspired Gordon Gekko

2024年5月22日(水)16時07分
モニカ・セイガー

インサイデー取引で摘発されたボウスキー。ヘリで通勤し、睡眠3時間で稼ぎまくる生活は終わった¥Bad Money-YouTube

<金で金を生むことに誰もが血道を上げた1980年代のウォール街で、最も稼いだトレーダーにまで上り詰め、インサイダー取引ですべてを失ったアイバン・ボウスキの教訓>

かつてウォール街の大物として名声を極め、証券詐欺で有罪判決を受け、映画『ウォール街』の主人公ゴードン・ゲッコーのモデルになったアイバン・ボウスキーが5月20日、カリフォルニア州の自宅で死去したことを家族が確認した。享年87歳だった。

 

活況を呈していた1980年代のウォール街において、ボウスキーは、最も裕福で影響力のあるリスクテイカーの一人とみられていた。義母の遺産70万ドルを元手に裁定取引専門会社を立ち上げて大成功を収めたが、1986年にインサイダー取引で摘発され、キャリアは崩壊した。

この事件で彼は実刑判決を受けて刑務所に入り、1億ドルという当時として最高額の罰金を当局に支払った。こうした軌跡を経て、彼はこの時代の強欲と不品行を象徴する存在となった。

ボウスキーは1986年にカリフォルニア大学バークレー校経営大学院の卒業式でスピーチを行い、学生たちにこう語った。「強欲は正しい。そのことを知ってほしい。強欲は健全だと思う。強欲であっても、自分を誇らしく思うことはできる」。

金儲けに徹した人生

その1年後、彼のこの発言はオリバー・ストーン監督の1987年の名作『ウォール街』でマイケル・ダグラス演じるゴードン・ゲッコーのセリフに取り入れられたこ。この作品でダグラスはアカデミー主演男優賞を受賞した。

「重要なのは、紳士淑女の皆さん、強欲は、なんというか、善であるということだ」と、ゲッコーは株主に語る。「強欲は正しい。強欲は役に立つ。強欲は進化の精神を明確にし、切り開き、惹きつけるのだ」

ストーンが作り出したゲッコーは、ボウスキーだけでなく、株式仲買人として成功したストーンの父ルイス、投資銀行家デニス・レビーン、アートコレクターのアッシャー・エデルマン、ハリウッドの代理人マイケル・オービッツなど、当時の金融界で有名だったさまざまな人物を組み合わせたキャラクターと言われている。

転落した後も、ボウスキーは生涯を通じて「ゲッコー・スタイル」を体現していた。高級ブランドを身にまとい、リムジンや自家用飛行機で所有する複数の邸宅を行き来していた。

「相当な額の資産があった」と、ボウスキーは93年の離婚協議の手続きで述べた。「私たちはパームビーチ、パリ、ニューヨーク、南フランスに家を所有していた」。ニューヨーク州ウェストチェスター郡にも約900平米の邸宅を所有しているが、これは建国の父トーマス・ジェファーソンの邸宅モンティチェロに似せたドーム屋根のある豪邸に改築したものだ。

「アイバン・ボウスキーにとって重要だったのは、金儲けだった」と、作家のジェフ・マドリックは2019年にニューヨーク・タイムズに語っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国首相、豪首相ときょう会談へ 16日は動物園とワ

ビジネス

機械受注4月は前月比2.9%減、判断「持ち直しの動

ビジネス

独アディダス、中国での収賄疑惑の調査開始=FT

ビジネス

ECB、仏国債の臨時購入を検討せず=政策筋
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中