最新記事
自然

マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見...強烈な悪臭を放つ「謎の肉塊」に地元は大パニック

Freaky Mass of Gloop Washes Up on Beach

2024年4月13日(土)12時57分
ジェス・トムソン
海の中の謎の存在

Allexxandar/iStock

<元の姿が分からず「正体不明」となって海岸に漂着した死骸は「グロブスター」と呼ばれ、各地でたびたび発見されている>

マレーシアのビーチに奇妙な肉の塊が打ち上げられ、話題となっている。この謎の物体は4月5日、ルンドゥのテロックメラノビーチで発見され、地元当局によってこの「肉塊」の写真がFacebookに投稿された。沿岸救助隊がビーチの周辺を監視していた際に発見したという。地元当局はこれを、クジラの腐乱死体とみている。

■【閲覧注意】強烈な悪臭をまき散らし...海からやってきた正体不明の「巨大な肉塊」の実際の写真

クジラの種類や死因は特定されていない。クジラは自然死することもあれば、人間の活動が原因で死ぬこともある。漁具に絡まったり、船やボートと衝突したりすることもある。

地元紙ニュー・サラワク・トリビューンは、この地域でクジラの死体が打ち上げられるのは稀で、ひと目見ようと人々が押し寄せたと報じている。

クジラが海で死ぬとすぐに腐敗が始まり、バクテリアによって組織が分解され、メタンや硫化水素などのガスが発生する。その結果、死体が膨張し、浮いてくる。死体が海面に浮き上がると、サメ、魚、海鳥、甲殻類などの餌になる。これらの動物が食べるのは、死体の皮脂や筋肉組織、内臓だ。

最終的に、クジラの死体は腐敗が進んだり断片化したりして浮力を保てなくなり、海底に沈む。しかし、今回発見されたクジラは、そうなる前に海辺に打ち上げられたとみられる。

たびたび発見される謎の「グロブスター」

クジラの死体が海底に沈むと、「ホエールフォール(鯨骨生物群集)」がつくられ、タコ、カニ、サメから、深海に生息する多毛類やナマコまで、多くの生物によって食べられ、分解される。

豪マッコーリー大学の海洋生物学教授のキュラム・ブラウンは、「死んだクジラが様々な腐敗の段階で打ち上げられるのは珍しいことではない」と本誌に語った。

クジラなど海洋動物の死体が海岸に打ち上げられると、強い悪臭を放つ。カダベリンやプトレシンといった悪臭のあるガスが腐敗の過程で発生するからだ。

クジラの死体は通常、それとわかる状態で打ち上げられるが、腐敗が進み、判別できない状態のものもあり、それらは「グロブスター」と呼ばれる。昨年10月にはパプアニューギニアで謎の海洋哺乳類の肉塊が、2022年には米オレゴン州で毛で覆われたグロブスターが打ち上げられた。

20240528issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年5月28日号(5月21日発売)は「スマホ・アプリ健康術」特集。健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中