最新記事
ウクライナ戦争

ウクライナのドローンがロシアの戦車を攻撃...乗り捨て逃げる兵士たちの姿

Ukraine Touts Drone Attacks as Russia Abandons Tank Near Avdiivka: Video

2024年2月9日(金)17時40分
エリー・クック
@sternenko-x

@sternenko-x

<ロシア兵はウクライナ軍に対する作戦を続行しようとしていたが、戦車からの退避を余儀なくされた>

4カ月近くにわたってロシア軍の猛攻が続くウクライナのドネツク州アウディーイウカ近郊で、ロシア軍の戦車がウクライナ軍のドローンに攻撃され、兵士が戦車の放棄を強いられる場面とされる映像が新たに公開された。

【動画】ウクライナのドローンがロシアの戦車を攻撃...乗り捨て逃げる兵士たちの姿

映像はウクライナ軍が前線で使用するドローンのための資金を調達しているウクライナ人活動家、セルヒー・ステルネンコが2月6日、X(旧ツイッター)に投稿した。

ステルネンコによると、「アウディーイウカ近郊でロシア軍が戦車から砲撃した」。続いてウクライナ軍のドローンがロシア軍の戦車を攻撃。ロシア兵はウクライナ軍に対する作戦を続行しようとしていたが、戦車からの退避を余儀なくされた。雪に覆われた状態で砲撃を続けていた戦車は動けなくなり、兵士たちはその戦車を乗り捨てた。

この映像はウクライナの第47独立機械化旅団が撮影した。同旅団はロシア軍が昨年10月10日にアウディーイウカでウクライナの拠点に対する攻撃を開始して以来、数カ月にわたって同地で戦闘を続けてきた。

本誌はこの映像について独立した立場から検証することはできなかった。ロシア国防省と第47独立機械化旅団には電子メールでコメントを求めている。

ウクライナ軍は、前線の激戦地でロシア軍を攻撃するドローン部隊の戦闘映像を頻繁に投稿している。昨年12月には、ウクライナの安物ドローンの攻撃を受け、ロシア兵が貴重なT-90戦車を乗り捨てて逃げる場面とされる映像をウクライナ軍が公開した。この映像を撮影したのも第47独立機械化旅団だった。

「ドローンがいつも戦車を破壊できるとは限らない」とステルネンコは言う。「だが戦車はドローンで攻撃する必要がある」

ロシアが2022年2月に全面侵攻を開始して以来、ウクライナは「ドローン軍団」を結集させ、新型の無人機を開発し、増強のための資金を集めている。ドローンは偵察支援から自爆攻撃、砲撃の誘導に至るまで、戦闘のほぼ全局面をカバーする。

ウクライナの戦闘員は自爆ドローンを頻繁に投入し、ロシアの装甲車や、頑丈な主力戦車でさえも狙い撃ちにする。自爆ドローンは安価で市販の部品が使えることも多く、敵の車両や兵士に対して威力を発揮する。

アウディーイウカ周辺ではロシアが高い代償を払って進攻を続ける中、双方が集中的にドローンを配備している。第一陣で相次ぎ装甲車や戦車を失ったロシア軍は、歩兵団を主力とする攻撃へと切り替えた。

英国防省の2月5日の発表によると、ロシア地上軍はウクライナで昨年10月初旬以来、主力戦車およそ365両と、装甲戦闘車両700両を失った。2024年1月半ば、アウディーイウカを管轄するウクライナのタブリア戦線で指揮を執るオレクサンドル・タルナフスキー准将は、アウディーイウカ周辺の原野に散乱するロシア軍の車両を写したとされる写真を投稿した。

(翻訳:鈴木聖子)

20240227issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年2月27日号(2月20日発売)は「開戦2年 ウクライナが敗れる日」特集。アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学を読み解く

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ国営武器製造会社、独メーカーと防空システ

ビジネス

米共和議員団、バイデン陣営のTikTokアカウント

ビジネス

トヨタ労使協議、初回は賃上げ回答持ち越し

ワールド

ウクライナ、「ドローン連合」拡大目指す 戦術変化に
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中