最新記事
潜水艦

最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者になる?

China's New Stealth Submarines Will Be Even Harder To Find, Analyst Says

2023年11月30日(木)19時43分
アーディル・ブラール
人民解放軍の元級潜水艦、039Cの旧型(2012年、寧波)

人民解放軍の元級潜水艦、039Cの旧型(2012年、寧波) REUTERS/U.S. Navy/Chief Mass Communication Specialist Sam Shavers

<水の抵抗は増えてもステルス性能向上を優先する角張った潜水艦のデザインは世界の開発トレンドになっている。なかでも実戦配備に最も近づいているのが中国の039C潜水艦だ>

中国海軍が開発を進めている元(ユアン)級潜水艦の最新タイプは、わずかな改良でステルス性能が格段に高まっていると、世界の海軍情報ニュースサイト「ネーバル・ニューズ」が先週伝えた。

<動画>四角い形状のセイルでステルス性能を高めた中国の潜水艦

 

039C型と呼ばれるこの潜水艦は通常動力式(ディーゼルと電気)で、アクティブソナー(音波発信探知機)に探知されにくい設計になっていると、公開情報を元に分析を行う潜水艦アナリストのH・I・サットンは述べている。サットンが注目するのは、セイル(浮上時に見張所となる潜水艦の上部構造。船の帆に似ているためセイルと呼ばれる)の形状で、浮上時に敵のレーダーに探知されにくいステルス設計になっているという。

中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は今年7月末、軍の現代化のペースを一段と早めるよう指示した。これを受けて人民解放軍は海軍力の増強を急ピッチで進めており、最新型の元級潜水艦の開発もその一環だ。

国家主席、中国共産党総書記として異例の3期目に突入し、軍の最高司令官である共産党軍事委員会主席としても、今年11月で就任11年目を迎えた習は、今世紀半ばまでに人民解放軍を「世界クラス」の軍隊にすると誓い、軍備の全面的な現代化に発破をかけている。

四角がトレンド

新型潜水艦039Cの画像は2021年5月に初めてネット上に出回り、特徴的な角張った形状のセイルが注目された。敵の探知をまぬがれるこのセイルは、多くの艦船が行き交い、中国と西側陣営がにらみ合うインド太平洋で、中国に戦略的優位をもたらすとみられる。

サットンによると、このセイルの形状は世界的なトレンドで、スウェーデンが開発している次世代型潜水艦A26、いわゆるブレーキンゲ級潜水艦や、ドイツ海軍が建造中の212CDにも採用されている。

212CDはセイルだけでなく、外殻全体が角度をつけた形状になっていると、サットンは指摘する。それにより水の抵抗が大きくなるが、ドイツ海軍はそれを承知の上でステルス性の向上を優先したようだ。

ただし、こうしたセイル形状の潜水艦で既に試験運航を開始しているのは039Cだけだ。

039Cは中周波ソナーに探知されにくい設計になっていると、サットンは分析している。それにより敵は艦のタイプを識別しにくく、識別に手間取ったり、間違えたりする可能性がある。

サットンによると、形状に加え、敵の探知機が発する音波を反射しにくい表面加工のおかげで、039Cは魚雷に搭載されているような高周波ソナーにも探知されにくい。

米国防総省の最新の評価によると、039Cの本格的な配備は2020年代末になる見込みだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

トヨタ、国内2工場2ライン稼働停止を3月1日まで継

ワールド

メキシコGDP、第4四半期0.1%増に鈍化 利下げ

ビジネス

FRB理事発言で利下げ時期後ずれ、GSは5月予想取

ビジネス

中国1月新築住宅価格、政策支援でも下落傾向続く
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 3

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦線維持に不安

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 9

    「くまのプーさん」だけじゃない習近平のあだ名、そ…

  • 10

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中