最新記事

ロシア

プーチンが反乱首謀者プリゴジンをすぐには処刑しない理由

Putin's New Prigozhin Dilemma

2023年6月29日(木)16時44分
イザベル・バンブルーゲン

ISWの分析によれば、プーチンのこの発言は「不正取引の罪でプリゴジンの資産を押収するための地ならし」の可能性がある。

さらにプーチンは「意図的にプリゴジンとワグネルの切り離しを図っている」と、ISWは指摘する。「プリゴジンからワグネルの創設者という肩書きを奪い、ワグネルに対する指導力を低下させようとしている可能性がある」というのだ。

「ロシア政府としては、ワグネルの兵士を正規軍に組み入れて、ウクライナ戦争で引き続きその戦力を使いたい」。そのために、プリゴジンを国家からせしめた金で私腹を肥やし、ウクライナや西側と結託した極悪人に仕立てる「情報工作」を始めた可能性があると、ISWのアナリストはみる。

「プリゴジンは、ロシア軍とロシア政府の官僚が腐敗し、西側と結託していると批判することで、自身のブランドを確立してきた。プーチンはそれと同じ罪を彼に着せることで、大衆のプリゴジン支持を切り崩そうとしているのではないか」と、ISWの報告書は述べている。

プリゴジンの支持者はロシア市民や正規軍の兵士の間にも一定数いるため、彼を処刑すれば、彼は大義のために殺された「殉教者」に祭り上げられるだろう。そのことはプーチンも承知している。

プーチン支配の終わりの始まり

「クレムリンはプリゴジンの支持者を幻滅させ、ロシア国内でのプリゴジン人気をつぶす必要がある」と考え、「引き続き人格攻撃を行い、評判を貶めて、資金力を完全につぶし、ワグネルの兵士が彼に付いてベラルーシに行くのを防ごうとするだろう」と、ISWは予測している。

一方ルカシェンコは27日、プリゴジンはベラルーシに到着したと発表した。

ロシアの元外交官で、ウクライナ侵攻に抗議して外交官職を辞したボリス・ボンダレフは、プリゴジンの乱はプーチン支配の終わりの始まりだと本誌に語った。

戦争が長引くにつれ、ロシアのエリート層はプーチンに不満を募らせていると、ボンダレフはみる。今の空気ではプーチンがお払い箱になるのは時間の問題だというのだ。

「戦争は既に1年4カ月も続いており、誰もがしびれを切らしている......状況が悪化の一途をたどるなか、国内のムードは変わりつつある」

ボンダレフによれば、「エリート層の間では失望、怒り、焦燥感がじわじわと蓄積していた」。そこに反乱が起きたことで、ウクライナ侵攻は「重大な間違い」であり、今のロシアは「非常に不健全な状況に陥っている」と、多くの人が気づき始めたというのだ。

こうした意識は早晩、「プーチン退陣」を求める巨大なうねりになると、ボンダレフはみる。「プーチン追い落としの動きはこれからさらに活発化するだろう。表立った反乱ではなく、おそらくは密かな策略の形で......」


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICJ、イスラエルにラファ攻撃停止を命令 1カ月内

ワールド

ガザ支援、ケレム・シャローム検問所から搬入 米・エ

ワールド

ゼレンスキー氏、ウクライナ大統領の正当性失う=プー

ビジネス

ダンスケ銀行とバークレイズ、ECB利下げ見通しを修
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目の前だ

  • 2

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 3

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 7

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 8

    テストステロン値が低いと早死にするリスクが高まる─…

  • 9

    日本を苦しめる「デジタル赤字」...問題解決のために…

  • 10

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中