最新記事

ロシア

真剣な顔でプーチンの演説を聞くロシア議員、その耳には「麺」がブラブラ...処罰の見通し

2023年3月10日(金)17時23分
デーン・エネリオ
ロシアのプーチン大統領

年次教書演説を行うプーチン大統領(2月21日) Sputnik/Pavel Bednyakov/Kremlin via REUTERS

<議員はプーチンの演説に対して「私は全面的に支持する。まったく同感だ」とコメントしたが、その本当の意味は...>

今年2月、ロシア西部サマーラ州の議員が両耳にスパゲッティらしきヌードルを引っかけた姿で、大統領ウラジーミル・プーチンの演説を聴く自身の動画をソーシャルメディアに投稿。この議員が近く、告訴される見通しとなった。

■【動画】真剣な表情と、耳からぶら下がったヌードル...議員が投稿した意味深な動画

ロイター報道によると、サマーラ州の議員ミハイル・アブダルキンは、ロシア軍の「信用を失墜させた」と非難されている。

ロシア共産党員であるアブダルキンに対する捜査が始まったのは、プーチンが2月21日に年次教書演説を行ったあとだ。アブダルキンは翌22日に、そのスピーチを先述した姿で視聴する自身の動画を、ロシア版フェイスブックと言われるソーシャルメディアVKに投稿していた。

プーチンは21日に行った2時間に及ぶ演説で、米国とロシアが結んでいた核兵器の軍縮条約「新戦略兵器削減条約(新START)」への参加を停止すると述べている。これに対してアブダルキンは、「私は全面的に支持する。まったく同感だ。こんな演説を耳にしたのは23年ぶりだ。嬉しい驚きである」というコメントを出している。

ロシアでは、誰かが耳にヌードルを引っかけていると、「だまされている」という意味になる。動画内の姿はこのロシアのことわざにちなんだものであり、そうなるとアブダルキンが出したコメントの意味も変わってくる。

サマーラ州議会では2月28日、アブダルキンに懲戒処分を課し、ロシア共産党からの除名を進めるための採決がとられ、37名が賛成票を投じたと、ロシアの有力紙コメルサントは報じた。党も、プーチンを嘲笑するような態度をとった同議員を処罰すると表明している。

インデペンデント紙の報道によると、ロシア共産党の報道官アレクサンドル・ユシチェンコは2月23日、党がこの件について独自に調査を行うことを認めた。

アブダルキンは、自身のVKページに声明を投稿し、3月7日にサマーラ州の都市ノヴォクイビシェフスクにある裁判所に出頭する予定であると述べた。「自分は無関係で、無実であることを証明するために戦うつもりだ」。インデペンデント紙は、ロシア独立系メディアのメドゥーザに掲載された翻訳文を引用してそう報じた。

ロシアでは2022年3月に行政犯罪令が改正され、プーチンが署名して成立した。その第20条3の3では、個人がロシア軍の「公的信用を失墜させる」行為を行った場合には処罰されると定められている。

ロシアでは、同様のケースはほかにも起きている。モスクワの南に位置するトゥーラ州では2022年4月、6年生の少女が美術の授業中に反戦の絵を描いたとして教師が通報。それを受けて、児童の父親が警察に逮捕された。
(翻訳:ガリレオ)

■【写真】授業で「反戦」の絵を描いたロシアの6年生を教師が通報...父親は逮捕、本人は孤児院へ

20240423issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月23日号(4月16日発売)は「老人極貧社会 韓国」特集。老人貧困率は先進国最悪。過酷バイトに食料配給……繫栄から取り残され困窮する高齢者は日本の未来の姿

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国GDP、第1四半期は前年比5.3%増で予想上回

ワールド

米下院、ウクライナ・イスラエル支援を別個に審議へ

ビジネス

中国新築住宅価格、3月は前年比-2.2% 15年8

ビジネス

仏BNPパリバ、中国で全額出資の証券会社 3年がか
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中