パリ五輪の会場エッフェル塔スタジアム
中東巡る最近の緊張、イスラエル首相に責任──トルコ大統領
中東

中東巡る最近の緊張、イスラエル首相に責任──トルコ大統領

2024.04.17
大衆
WEBアステイオン

オルテガが警告した「大衆の反逆」は日本では起こらないのか、それともすでに始まっているのか?

2024.04.17
Udemy
事業変革

日本の大人は「学ばない」?...リスキリング事業の拡大が示すベネッセの「変革」

2024.03.26 PR
パリオリンピックを控えてセーヌ川の安全性に赤信号 マクロン大統領は本当にセーヌ川で泳ぐのか?
ブログ

パリオリンピックを控えてセーヌ川の安全性に赤信号 マクロン大統領は本当にセーヌ川で泳ぐのか?

2024.04.16
対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃か、重要人物暗殺か、ハイテクで恥をかかせるか
イスラエル

対イラン報復、イスラエルに3つの選択肢──核施設攻撃か、重要人物暗殺か、ハイテクで恥をかかせるか

2024.04.16
首都ソウルにある産院でも新生児室には空きベッドが目立つ YONHAP NEWS/AFLO
少子化

人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる「唯一の現実的な方法」とは?

2024.04.16
元寇船の木製いかり
文化財保護

食品だけじゃない? 元寇の沈没船遺物も保存できる糖質「トレハロース」の機能と可能性

2024.03.26 PR
スピーニー演じるプリシラとエロルディ演じるエルヴィス
映画

ロックンロールの帝王を捨てた女性の物語、映画『プリシラ』が描くエルヴィスへの愛と別れ

2024.04.16
韓国・尹錫悦大統領 REUTERS
韓国総選挙

不人気すぎる韓国・尹錫悦大統領の自滅...国民の力が大敗した7つの理由

2024.04.16
アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった
ドローン

アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

2024.04.16
トランプ氏初公判、不倫口止め料巡り 歴代大統領初の刑事裁判
アメリカ政治

トランプ氏初公判、不倫口止め料巡り 歴代大統領初の刑事裁判

2024.04.16
IAEA事務局長、イスラエルのイラン核施設攻撃を懸念
核施設

IAEA事務局長、イスラエルのイラン核施設攻撃を懸念

2024.04.16
イスラエル、150人の人質解放 多くが虐待証言──パレスチナ当局
人質解放

イスラエル、150人の人質解放 多くが虐待証言──パレスチナ当局

2024.04.16
【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、ロシア軍が次に狙う「要塞都市」群はココだ──ISW
ウクライナ情勢

【地図】【戦況解説】ウクライナ防衛の背骨を成し、ロシア軍が次に狙う「要塞都市」群はココだ──ISW

2024.04.15
ロシア軍の海上軍事パレード
黒海艦隊

大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

2024.04.15
ショルツ独首相
中独関係

訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

2024.04.15
攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像
アイアンドーム

攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

2024.04.15
水原一平 大谷翔平
スキャンダル

天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

2024.04.15
(写真はイメージです) caroline legg-Flickr
考古学

南米の古代人、キツネをペットとして飼っていた? 人骨と共に埋葬された骨格を発見

2024.04.15
ミャンマー水祭り期間中のヤンゴンの様子を現地から伝えてみた
ブログ

ミャンマー水祭り期間中のヤンゴンの様子を現地から伝えてみた

2024.04.16
コラム
コリン・ジョイス

価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画って必要なの?

2024.04.17 
茜 灯里

推理小説の犯人当てシーンに影響? 「空気中の環境DNA」を調べれば「直前にいた人」が分かる

2024.04.16 
木村正人

パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972年ミュンヘン」の悪夢再来を防げるか

2024.04.16 
伊東順子

韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

2024.04.15 
木村正人

プーチンを相手に「ヒトラー宥和政策」の失敗を繰り返すのか? 当時よりもひどいトランプ一派

2024.04.11
曽我太一

アメリカのユダヤ系大物政治家はなぜ「異例の発言」に踏み込んだのか...「痛烈なイスラエル首相批判」の背景

2024.04.11
外国人リレーコラム

温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本の極楽

2024.04.11
加谷珪一

「国産旅客機に再挑戦」も、このままでは今回も「失敗」が目に見えている理由...問題は技術ではない

2024.04.11
藤崎剛人

『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えなかった「加害者」

2024.04.11
六辻彰二

チョコ好きを待ち受ける「甘くない」未来...「カカオショック」が長期化するとみられる理由

2024.04.10
冷泉彰彦

爆発的な観光資源となったアメリカの皆既日食フィーバー

2024.04.10
木村正人

トランプ前大統領が内々に語る「ウクライナ終戦」の秘密計画...日本にも危機が及ぶ「戦争の終わらせ方」

2024.04.09
河東哲夫

北朝鮮が舞い上がる「ウクライナ戦争特需」の注文主はロシア

2024.04.09
湯川鶴章

Googleに挑む男から見たAIの今と未来 PerplexityのAravind Srinivas氏

2024.04.09
まつもとたくお

NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグループを中心に急増する「時短サウンド」、その理由とは?

2024.04.09
茜 灯里

睡眠不足で起訴も? 「24時間以上眠っていないと99%の精度で分かる血液検査キット」が開発された

2024.04.08
一田和樹

検索結果をプロパガンダと陰謀論だらけにするデータボイド(データの空白)脆弱性

2024.04.08
Youtube
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

Youtube