最新記事

トルコ

「得をするのはIS」──爆破テロへの報復、トルコがシリア北部などへの空爆を開始

2022年12月6日(火)12時37分
ジャック・デッチ(フォーリン・ポリシー誌記者)
トルコ軍

Murat Cetinmuhurdar/PPO/Handout via REUTERS

<トルコが11月19日、クルド人民兵組織が活動するシリア北部などへの空爆を3年ぶりに開始した。米政権の説得にもかかわらず、トルコは地上戦の可能性にまで言及しており、攻撃のやむ気配はない>

2019年以来となる今回の侵攻は、トルコの最大都市イスタンブールで11月13日に発生した爆破テロへの報復とされる。シリアでは、過激派組織「イスラム国」(IS)と戦うシリア民主軍(SDF)支援のため今も米軍900人が駐留。インフレ対策でエルドアン大統領が強硬化し、黒海の向こうではロシアのウクライナ侵攻が続くなか、トルコの攻撃を止めるのは19年当時より困難になっている。

「トルコの攻撃で誰より得をするのはISだ」と、SDFのマズルム・アブディ司令官は言う。空爆で既に北東部アルホールのIS収容施設や発電所が被害を受けており、SDFは対IS戦の布陣を変更してトルコに対処せざるを得ない。地域の不安定化と避難民の増加も懸念されている。

From Foreign Policy Magazine

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン氏、議会に迅速な行動要請 政府閉鎖回避やウ

ワールド

イスラエル、ラマダン中の軍事活動停止に合意 バイデ

ワールド

ゼレンスキー氏がサウジ訪問、和平案など協議

ビジネス

政策スタンス変更になお「慎重」、インフレ上振れリス
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウクライナに塩対応の理由

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシア最大級の製鉄所を爆撃か

  • 4

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 5

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 6

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 7

    中国企業、IPO計画中止相次ぐ...今年すでに47社が上…

  • 8

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 9

    フィリピンにある「世界最古のチャイナタウン」で旧…

  • 10

    【欧州世論調査】ウクライナ戦争の予測「ロシア勝利…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 6

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中