最新記事

英王室

ヘンリー&メーガンのドキュメンタリー、予告編発表のタイミングに「悪意がある」と批判殺到

2022年12月5日(月)18時15分
千歳香奈子

ヘンリー王子とメーガン妃(2022年6月3日) Dylan Martinez-REUTERS

<ウィリアム皇太子夫妻の訪米中というタイミングなだけに「兄への宣戦布告」と受け取った人も多い。早くも物議を醸す2人のドキュメンタリーだが、英米では反応に違いも>

2020年に英王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃夫妻の知られざるプライベートが明かされるネットフリックスのドキュメンタリー番組『Harry & Meghan(ハリー&メーガン)』の予告編が1日、公開された。王室批判を繰り返してきた夫妻の「新たな爆弾投下」になると噂されるドキュメンタリーの一端がついに明かされたのは、奇しくも兄ウィリアム皇太子夫妻がエリザベス女王亡き後初となる外遊で米国を訪問中のことだった。

【予告編】すでに不穏... 「新たな爆弾」と噂されるヘンリー夫妻のドキュメンタリー

ウィリアム皇太子は、自らが設立した環境賞の授賞式に出席するため3日間の日程で訪米し、バイデン米大統領との会見も組まれるなど皇太子となって初の国際舞台で華やかな活躍が期待されていた。

本来なら避けるべきタイミングを狙い撃ちしたかのような行為に、「兄からスポットライトを奪うため」だと批判が殺到。最大限の注目を集めようとしているかのように見えるヘンリー王子夫妻に対し、リアリティ番組で私生活を晒して名声を手にしたお騒がせセレブ一家「カーダシアン家」と重ね合わせる声さえ出ている。

ここ数年確執が取り沙汰されてきた兄弟だけに、このタイミングでのお披露目は「弟から兄への宣戦布告」と受け取った人も多く、エリザベス女王がこの局面にこの世にいなくて良かったと安堵する声もある。

英国の人気司会者ピアーズ・モーガンは、(このタイミングで)故意に予告編を公開して兄の大切な外遊を台無しにしたとツイートし、「忌まわしい偽善者」とぶった斬った。また、マーガレット・サッチャー元英首相の側近も、「もしアカデミー賞に"傲慢・虚栄心・ナルシシズム"に対して与えられる賞があるとしたら、メーガンとヘンリーは最有力候補になるでしょう」と嫌味を述べている。

予告編からすでに不穏

王室関係者の間でも「故意に魚雷で(ウィリアム皇太子を)攻撃した」と信じる者がいると英メディアが伝えているが、物議を醸した予告編とは一体どのようなものだったのか。

交際から結婚、王室離脱に至る決断まで知られざる夫妻の素顔が明かされる全6話からなる番組を1分ほどにまとめた予告編は、夫妻の幸せそうな白黒のプライベート写真の構成から始まり、ソファーで泣くメーガン妃や涙を拭う場面などが続く。最後は「これほど高い賭けなら、私たちの物語は私たちから聞く方が、より理にかなっていると思わない?」と語る妃の映像で締めくくられている。

これだけでもセンセーショナルな内容であることは想像に容易いが、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃の姿が映し出された直後に「閉ざされた扉の向こうで何が起きているのか誰にも見えない」と語るヘンリー王子のナレーションが流れることが、最大のポイントだ。

冷たい表情でカメラを睨みつけるようなキャサリン妃の姿が確認でき、「家族を守るために、できることはすべてやらなければならなかった」と話すヘンリー王子のインタビュー映像へと続く流れは、ウィリアム皇太子夫妻との間の不穏な空気を予告しているように見える。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア攻勢、ハリコフとザポロジエも標的に=ウクライ

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月