最新記事

W杯

【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬」にされた選手の悲劇

Videos Show Iranians Celebrating U.S. Win in World Cup

2022年11月30日(水)19時06分
アンドリュー・スタントン

アメリカと全力で戦ったイランチームを待ち受けるものは Wolfgang Rattay-REUTERS

<W杯で宿敵アメリカに敗れたイラン。だがイラン国民は大喜び。それほど現政権への怒りは強く、現政権の「言いなり」の代表チームまでが憎悪の対象に>

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグの試合で29日、イランは国際政治上の宿敵アメリカに2敗目を喫し、1次リーグから姿を消した。だが信じられないことに、イランではこの敗北に歓声を上げる人々の動画がソーシャルメディアに投稿された。

アメリカとイランがサッカーで対戦するのは、1998年フランス大会以来24年ぶり。決勝トーナメントへの進出がかかる緊迫の試合で対決した。

アメリカはイランを1対0で下し、競技の勝利だけでなく、「ならず者国歌」に対する象徴的な勝利も手に入れた。会場には多くのイラン人が詰めかけ自国チームに声援を送ったが、すべてのイラン人がイランを応援していたわけではないことも明らかだった。

ソーシャルメディアには、イラン国民が自国チームの敗北を祝う動画であふれた。イランはここ数カ月、22歳のクルド系イラン人、マフサ・アミニの死に端を発した政治的混乱に直面している。アミニは今年9月、ヒジャブを適切に着用せず服装規定に違反したという理由で警察に逮捕され、拘留中に死亡した。この事件は全国的な抗議行動を引き起こし、治安当局の手で数百人の死者を出す結果となり、イランでは反政府デモが続いてきた。

花火で敗北を祝う

アミニの故郷であるイラン西部クルディスタン州サゲズでは、一部住民がイランの敗北を祝っていた。イランのジャーナリストで活動家のマシフ・アリネジャドは、歓声があがり、花火が打ち上げられる様子を撮影した動画をツイッターに投稿した。

「これが今夜のイラン。アメリカのサッカーチームがイラン・イスラム共和国のサッカーチームに対してゴールを決めた瞬間。ここは、政権のヒジャブ警察に惨殺され、ジェンダー・アパルトヘイト政権に対する革命を引き起こした22歳の女性アミニの故郷サゲズ」

【動画】死んだアミニの故郷で上がったイラン敗北を祝う花火

この動画はツイッターで3万回以上再生された。

またイラン・インターナショナル・イングリッシュという団体は、イランの他の地域の同様の動画をツイートし、住民が歓声をあげ、花火を打ち上げ、車のクラクションを鳴らして祝う様子を紹介している。ある動画は、アミニの故郷と同じくクルド人住民が多いイラン西部の都市マリバンから投稿された。同団体はまた、首都テヘランからの動画も公開した。

【動画】アメリカの得点に湧くテヘラン

イランの活動家がツイートした別の動画では、少なくとも数十台の車が停止し、運転手が車から降りて拍手をしてアメリカ・サッカーチームの勝利を応援している様子が映し出されていた。

【動画】車から降りてアメリカの勝利に歓声を上げるイラン人ドライバー

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

〔情報BOX〕パウエル米FRB議長の発言要旨

ビジネス

再送-米景気後退の可能性低下、労働市場好調で=ミネ

ビジネス

力強い米雇用統計、一段の利上げの必要示す=FRB議

ワールド

トルコの地中海沿岸で港湾火災、操業停止 地震の影響

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月