最新記事

ドナルド・トランプ

胎児のエコー写真が「トランプに激似!」...ネットは「グレートな赤ちゃん」と大盛り上がり

'I Couldn't Unsee It': Expectant Parents Told Baby Looks Like Donald Trump

2022年11月19日(土)20時00分
ジャック・ベレスフォード

Carlos Barria-Reuters

<驚きのそっくり具合にネットは大盛り上がり。民主党支持者だという夫妻だが、どんな顔でも子どもへの愛情は変わらないという>

子どもの誕生を待つアメリカの夫婦が、SNSに投稿した胎児のエコー写真が大きな話題となっている。写真に写っている胎児の横顔が、前米大統領のドナルド・トランプにそっくりだったからだ。

■【写真】「こいつは最高の妊娠だ」トランプにそっくりな赤ちゃんのエコー写真

トランプは以前、一部の支持者から「イエスの再来」と称されたことがある。だがロサンゼルス在住の声優ジャック・バカが共有した、妊娠11週の妻が身ごもる胎児の写真を見ると、今度は「トランプの再来」が生まれようとしているようだ。

本誌の取材に答えたバカによれば、夫妻は第一子が生まれることを「とても喜んでおり」、数週間後に性別が判明する予定だという。そんな彼らは、病院でエコー写真を見せてもらった興奮から、この画像を妻の家族にも見せたのだという。すると、妻の母親が口を滑らせた。「ドナルド・トランプにそっくりね!」

「そう言われてから、意識せずにいられなくなった。唇、髪、小さな手...確かにそっくりだ」とバカは語る。「その夜、私たちはそのことについてジョークを言い合い、トランプの別荘マー・ア・ラゴにちなんで、妻の子宮をママ・ア・ラゴと呼ぶようになった」

オーストラリア、アデレード大学の科学者チームが発表した2015年の論文によれば、全く同じ顔立ちの人が2人いる確率は1兆分の1以下だという。この事実も面白さの一因かもしれない。しかし、大人と赤ん坊が似ていることはあっても、胎児のそっくりさんというのは聞いたことがない。

バカは、超音波画像の1枚をソーシャルメディアで共有することにした。「レディットに投稿したが、大した反応はないだろうと考えていた」と、バカは振り返る。「ところが40分後、メールの通知がノンストップで鳴り続け、大きな注目を集めていることがわかった」

最高でグレートでとてつもない赤ちゃんだ

本記事の執筆時点で、バカの投稿には9万9000超の「upvote」(賛成票:いいね)が投じられており、コメント欄はトランプにちなんだ冗談や引用であふれている。

Tcairlinesというユーザーは、「おめでとう!」と呼びかけた後で、「おなかの赤ちゃんは、『こいつは最高の妊娠だ。ほかの赤ちゃんは皆、私の妊娠に嫉妬しているぞ...』という気分だろう」とした。Fernshadeというユーザーは、「とてつもない妊娠(TREMENDOUS gestation)」とコメントした。

Regoappsは、「赤ちゃんが『ユージ(Yuge)』と言おうとしているように見えるね」とコメントした(訳注:トランプが「ヒュージ:huge」(巨大な)と言うと、「ユージ」に聞こえる)。YeuxBleuDeuxは、次のように述べている。「グレートな外見の赤ちゃんだ。ものすごい人気者になりそうだ。信じられないほどの人気者だ。私を信じてほしい」

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

アングル:クリスマスの晩餐へ必死の節約、東欧で跳ね

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 8

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 9

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 10

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月