最新記事

ウクライナ情勢

プーチン、ウクライナのザポロジエ原発を「ロシア連邦財産」にする法令に署名

2022年10月6日(木)10時54分

ロシア外務省は5日、ウクライナのザポロジエ州が正式にロシアに編入されたことに伴い、ザポロジエ原子力発電所はロシア当局の監督下で運営されると表明した。先月1日撮影。(2022年 ロイター/Alexander Ermochenko//File Photo)

ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナのザポロジエ原子力発電所を監督下に置き、「連邦財産」にすることをロシア政府に命じる法令に署名した。

これに先立ち、 ロシア外務省は5日、ウクライナのザポロジエ州が正式にロシアに編入されたことに伴い、ザポロジエ原発はロシア当局の監督下で運営されると表明した。国営RIA通信が伝えた。

ロシア核関連企業ロスエネルゴアトムは、ザポロジエ原発のインフラの損傷を修復する方法に関する検証を実施し、運営を現在のウクライナ人職員から新たなロシア国営機関に移管すると発表。「新たな運営組織は原発の安全な運用と既存の原発職員の専門的な活動を確保するよう設計されている」とした。

一方、ウクライナ国営原子力企業エネルゴアトムのペトロ・コーチン社長は、自身がザポロジエ原発の管理を行うとし、職員に対しロシア占領軍とのいかなる文書にも署名しないよう要請。対話アプリ「テレグラム」に投稿した動画で「発電所に関する今後のあらゆる決定はエネルゴアトム本社で直接的に行われる。われわれはウクライナの法律の下、ウクライナのエネルギーシステム内、エネルゴアトム内で引き続き業務に当たる」と述べた。

ウクライナ大統領府のポドリャク顧問はツイッターで、プーチン大統領の「襲撃」に即時対応すべきと強調。ロシア国営原子力企業ロスアトムに対する制裁を呼び掛けたほか、ロスアトムとの原発建設を全て中止し、ロシアとの原子力に関するパートナーシップを拒否するよう求めた。

国際原子力機関(IAEA)によると、現在ウクライナに滞在しているグロッシ事務局長は「原子力安全性およびザポロジエ原発周辺の安全保護区域に関する可能な限り早期の合意と実施」についてさらに協議していると述べた。

また「外部電源の状況は極めて不安定な状態が続いている。現在、原発への外部からの電力供給は1回線のみで、脆弱としか言いようがない」とした。

タス通信によると、IAEAのグロッシ事務局長が数日中にモスクワを訪問し、原発の状況について協議すると報じた。ザポロジエ原発を訪問する可能性もあるという。

一方、IAEAは声明で「ウクライナの職員幹部がザポロジエ原発にいるIAEAの専門家に対し、出力を下げて5号機を起動する準備が進められていると伝えた」と発表。準備には時間が「しばらく」かかるとした。

プーチン大統領は5日、ザポロジエ州を含む4州の併合法案に署名。併合手続きを完了した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2022トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

FRB、24年まで利下げ着手せず=NY連銀総裁

ビジネス

FRB、一段の利上げ必要 失業率は上昇へ=NY連銀

ビジネス

アングル:中国コロナデモで冷え込む市場、海外勢は早

ビジネス

暗号資産融資の米ブロックファイ、破産法適用申請 F

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月