最新記事

ウクライナ

リマン奪還に向かうウクライナ兵のダンスが話題に

Video of Ukraine Troops Dancing Ahead of Lyman Victory Viewed 1.6M Times

2022年10月3日(月)18時24分
ザンダー・ランドン

武器を持って踊るウクライナ兵  Reyna/YouTube

<ウクライナ東部の要衝リマン市を奪還したウクライナ軍兵士は士気が、勝利を前に踊る動画がバズっている>

ウクライナ軍はドネツク東部の重要拠点リマン市をロシア軍から奪還したが、数日前の9月29日、ウクライナ軍兵士が勝利を祝って踊る姿が投稿され、話題になっている。

キーウ・インディペンデントのウクライナ人ジャーナリスト、オレクシー・ソロキンは「リマンの包囲に向かうウクライナ軍の姿」という文章とともにその動画をツイートした。

動画では、数人の兵士が薄暗くした部屋で赤いフラッシュライトを大きく振りながらノリノリで踊る。

【動画】フラッシュライトを振って踊るウクライナ兵

またイリヤ・アイジンというユーザーがツイッターで公開した別の動画は、縦一列に並んだウクライナ兵が左右にスゥイングしながらリマンに向かって進む様子だという。

【動画】交互にスウィングするウクライナ兵

「軍隊がリマンに入る」と、アイジンは書いている。「彼らは気分を盛り上げる方法を知っている」

ロシアの国営メディアRIAノボスチが報じたところでは、ロシア国防省は10月1日、5月から占領していたリマンからロシア軍を撤退させたことを確認した。

ウクライナ軍の報道官は9月30日、同市周辺の包囲は「最終段階」に入ったと述べていたが、その後、完全に奪還したことを発表した。

「敵が弾薬や人員を送り込んだ進入および兵站ルートはすべて、実質的にウクライナの管理下にある」と、ウクライナ軍の報道官セルヒ・チェレバティは語った。

「違法な」併合の直後

リマンはウクライナ東部ドネツク州の要衝で、先日、ロシアへの加盟を問う住民投票が行われた地域の1つ。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、この投票をもとに、この地域の併合を宣言した。

プーチンによる領土の併合宣言と、住民投票の結果には、多くの批判が寄せられている。

「プーチンが署名した書類は、ウクライナの土地の主権が誰にあるかを決めるものではない。それは、リマンに進軍するウクライナの兵士たちが決めることだ」と、マイケル・マクフォール元駐ロシア大使は30日にツイートした。

「私は、ロシアによるウクライナのドネツク、ルハンスク、ザポリジヤ、ケルソンの各州の違法な併合を強く非難する。これは国際法とウクライナの主権の両方に対する重大な侵害である」と、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は30日に述べた。

一方、ウクライナは、併合されたからといって、最終的にロシアの支配から全領土を解放するという軍事的目標が変わることはないと強調した。

「われわれは軍事的手段によって自国の領土を解放する。われわれの行動は、ロシア連邦が何を考え、何を望むかではなく、ウクライナの潜在的な軍事力の大きさにかかっている」と、ウクライナのミハイロ・ポドリャク大統領府顧問は29日にAP通信に語った。

本誌はロシアとウクライナの国防省にコメントを求めた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

イケア、一段の値下げ視野に 投入コスト上昇緩和で=

ビジネス

暗号資産レンディングの米ブロックファイ、破産法の適

ワールド

WHO、サル痘の名称を「M痘」に変更 差別的との指

ワールド

ロシア、ウクライナ電力網など攻撃継続の可能性=NA

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが、子供を対象にして大炎上

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 7

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統領、2年前の「仕返し」か

  • 4

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 5

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 9

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 10

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    狂ったプーチン、軍事侵攻の目的は「非ナチ化」から…

  • 6

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月