最新記事

中間選挙

トランプ人気、過去1年で最低──バイデン支持率は上昇

Donald Trump's Approval Rating Plunges to Lowest Point in Over a Year: Poll

2022年9月20日(火)18時22分
イワン・パーマー

オハイオ州ヤングスタウンの選挙集会で熱弁をふるうトランプ(9月17日) Gaelen Morse-REUTERS

<二大政党の支持率はいずれも46%で、中間選挙の行方はますます混沌としてきた>

ドナルド・トランプ前米大統領の好感度がここ1年強で最低に落ち込んだ。一方で現大統領のジョー・バイデンの支持率はここ数カ月で最高に達したことが、新たな世論調査で判明した。

NBCニュースが9月中旬に発表した最新の世論調査(2022年9月9日〜13日に実施)では、トランプの全体的好感度は、54%が否定的、34%は肯定的という結果が出た。

前月の8月に行われたNBCニュースの調査では、トランプの好感度は、「否定的」は54%と変わらなかったが、「肯定的」は36%とやや高かった。

2022年3月と5月の肯定的な好感度は、8月と同じ36%。2022年1月は37%、2021年8月と10月は38%だった。

トランプの好感度がこれまでに最も低かった2021年4月のNBC調査では、55%が否定的、32%が肯定的だったので、これと比べると、今回の結果(54%が否定的、34%が肯定的)で好感度が大きく下がったわけではない。

妊娠中絶が民主党の追い風に

さらに今回の調査では、バイデンの支持率はいまだに低迷しているものの、支持する人の割合は、ここ1年近くでは最高レベルに達したことが判明した。

最新NBC調査におけるバイデンの支持率は45%で、不支持率は52%だった。バイデンの支持率は2021年4月には51%あったが徐々に低下し、2022年3月には41%にまで低下していた。2022年5月には支持率が42%に回復したあと、最新の2022年9月の支持率は8月と比べて3%上昇し、初めて2021年10月のレベルに戻った。

中間選挙で二大政党のどちらを支持するかに関して、有権者の見解は割れている。「どちらが議会の多数派となるべきか」という質問への答えは、「共和党」と「民主党」がどちらも46%となった。

世論調査会社によると、11月の中間選挙に向けて、両党はかなり異なった戦略を採用している。共和党が、犯罪や生活費、バイデンの経済政策を争点として強く押し出しているのに対し、民主党は人工妊娠中絶の権利にかなりの重きを置いている。

NBCニュースの調査結果では、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた「ロー対ウェイド判決」を覆した連邦最高裁判所の判断に対して否定的な見解を持つ人の割合は、全体では61%に達した。また、この問題への対応に関してどちらを支持するか、という質問に対しては、民主党が47%、共和党が25%となり、民主党は、史上最高となる22%のリードを奪った。

これと比較すると、経済政策に関しては、調査対象者の47%が共和党を支持し、民主党を支持する人の割合は28%にとどまった。また、バイデンの経済政策を支持しない、と回答した人の割合は58%に達した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

温室効果ガス排出量トップ企業、気候リスク開示せず=

ビジネス

日経平均は4日続伸、値がさ株がけん引 米株先物が堅

ビジネス

午後3時のドルは144円半ばで底堅さ、NZドルも堅

ワールド

フィリピン、燃料・肥料購入でロシアと交渉の可能性も

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    サッカー暴動で死者125人が出たインドネシア、ジョコ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 10

    親が子どもの自己肯定感を下げてしまう「5つの言葉」 …

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月