最新記事

ウクライナ

ウクライナ軍、占領されたヘルソン唯一の橋の破壊に成功か

Russia Making Floating Bridge After HIMARS Strikes, Still Vulnerable: U.K

2022年8月24日(水)19時24分
ジュリア・カルボナーロ

占領下、ロシアの国籍とパスポートをもらうために並ぶヘルソン市民(7月25日) Alexander Ermochenko-REUTERS

<ロシアが住民投票で支配の既成事実化を図ろうとしているヘルソンで、ロシア軍の物資輸送の要衝であるアントノフスキー橋を破壊できれば、住民投票どころではなくなる可能性も>

ロシアが占領したウクライナ南部の都市ヘルソンでは、近郊のドニプロ川に架かる唯一の橋アントノフスキー橋が、アメリカがウクライナに供与した高機動ロケット砲システム(HIMARS=ハイマース)の攻撃で破壊された模様だ。イギリス国防省によれば、ロシア側はウクライナ南部の前線からヘルソンへの物資輸送を継続するため、この川に舟橋を架けようとしているところだった。

アントノフスキー橋はドニプロ川以西のロシア支配地域(特にヘルソン)に通じる最も重要な交差路にあたる。7月19日にウクライナのロケット弾による攻撃を受けて以来、少なくとも8度の攻撃を受けたため、ロシア軍はこの地域で大型軍事車両を動かすことができなくなっていた。

さらに8月22日には、アントノフスキー橋を修復して弾薬を運ぶロシア軍をウクライナ軍が攻撃し、橋が崩壊したという未確認情報もある。同日ソーシャルメディアに出回った橋の画像や動画には、現場から炎と大量の煙が立ち上る様子が写っている。

輸送の大動脈を攻撃

8月14日にアントノフスキー橋を攻撃したとき、ウクライナ南部防衛軍のナタリヤ・フメニウク報道官はその狙いをこう述べていた。「われわれは、占領された地域への輸送・物流の大動脈を目標とした砲撃準備を続けている。これは、占領者に(撤退という)正しい判断をうながすという明確な意図に基づく作戦だ」


橋が崩壊したかどうかは不明であり、メディアでは報じられていない。だがワシントンのシンクタンク戦争研究所(ISW)によれば、8月21日と22日の攻撃で、ドニプロ川とその支流に架かる道路橋は「大型輸送には使用できない」状態になった可能性が高い。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、米引き締め警戒和らぐ 値がさ株堅調

ビジネス

物価見通し、想定以上に上がれば予防的に緩和修正可能

ワールド

北京でひそかにコロナ規制緩和、無症状者の多くは既に

ビジネス

再送-米GM系自動運転クルーズ、来年は事業展開を多

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月