最新記事

北朝鮮

ウクライナ情勢が金正恩を強気に転じさせた──「31発のミサイル実験」から見えること

Time to Worry Again

2022年6月29日(水)18時11分
フレッド・カプラン(スレート誌コラムニスト)

金正恩(中央)の最近の行動からは西側との交渉再開への関心も垣間見える KCNAーREUTERS

<世界の関心がウクライナ情勢に向けられるなかで、北朝鮮の金正恩による動きに改めて注視すべき時が来ている>

世界の目がウクライナ情勢に集まるなか、北朝鮮は別のことに忙しい。金正恩(キム・ジョンウン)総書記の下、北朝鮮は今年に入って31発の弾道ミサイル発射実験を行った。過去最多だった2019年の年25発を大幅に上回るペースだ。

6月5日だけでも、北朝鮮は35分間に8発の短距離弾道ミサイルを発射した。核実験の準備も進めている様子で、もし実行されれば4年前の米朝首脳会談を前に表明した「核実験中止」の約束を破ることになる。

しかも北朝鮮はコロナ禍の真っただ中にあるが、ワクチン接種や厳格なマスク着用などの対策を取っていない。感染拡大を防ぐ目的で2年前に国境を封鎖したため、食料不足も起きている。

こうしたなか6月8~10日に開かれた朝鮮労働党中央委員会拡大総会で、金は国家安全保障チームの刷新を行った。それが何を意味するのかは不明だが、金が攻撃的な姿勢とは裏腹に、国際社会との交渉再開への意欲をのぞかせたとも考えられる。

今年に入ってからの金の一連の行動は、西側諸国の動きに対抗するため、あるいは注目を集めるための手段とみる向きもある。だがそれより可能性が高いのは、金が「今までどおりの金」であり続けていること。すなわち、これまでと同じく攻撃的な姿勢を取りつつも援助を求め、それが得られなければさらに攻撃的な行動をエスカレートさせるとほのめかしているのではないか......。

ロシアと中国は北朝鮮の実験を容認

ウクライナ情勢が、金の行動に一定の影響を及ぼしている可能性もある。

アメリカがロシアとの対立を深め、中国と緊張関係にあり続けていることは、金を強気にさせている。5月にはロシアと中国が、ミサイル発射を受けて対北朝鮮制裁を強化する国連安保理の決議案に拒否権を発動した。アメリカやその同盟諸国の不安をあおることができるなら、ロシアと中国は金がミサイル発射実験を増やしても構わないという考えのようだ。

一連の発射実験はいずれも、北朝鮮がアメリカを攻撃する能力を一気に高めるものではない。北朝鮮は今年に入って6発の大陸間弾道ミサイルの発射実験を行っているがアメリカの基準からすれば気にするほどの回数ではない。だが韓国や日本、あるいは同地域にある米軍基地を攻撃できる短距離ミサイルや、より精度が高い新型モデルのミサイルの発射実験は、もっと多く実施されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダCPI、7月は前年比7.6%上昇 やや緩和

ビジネス

独、LNG施設2基をフル稼働へ 主要電力会社と覚書

ワールド

国連事務総長、ウクライナ訪問 18日にゼレンスキー

ビジネス

アメリカン航空、超音速旅客機20機購入へ 新興企業

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月