注目のキーワード

最新記事

アメリカ社会

全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

'Sexiest Doctor' Dr. Mike's $320,000 Lamborghini Stolen By Parking Attendant

2022年5月20日(金)12時01分
デーン・エネリオ

@doctor.mike/Instagram

<マンション駐車場の係員が夜中に無断でこのスーパーカーを拝借し、ニューヨーク市内を乗り回していたことが判明>

インスタグラムとYouTubeチャンネルのフォロワーが1400万人近くにのぼるアメリカの「超セレブ医師」ミハイル・バルシャフスキー。2015年にはピープル誌によって「最もセクシーな医師」に選ばれた彼だが、所有する超高級車をめぐって思わぬトラブルに見舞われてしまった。

ニューヨークにある駐車場の係員が、バルシャフスキーの車を盗んで数時間にわたって市内のドライブを楽しんだ後、こっそり車を返そうとしていたのだ。

ニューヨーク・ポスト紙が警察の書類を引用して報じたところによれば、この係員の男(氏名不明)は5月7日の午前1時頃、バルシャフスキーが所有する、2021年モデルの黒のランボルギーニ「ウルス」を無断で「拝借」。車はハドソン・ヤードにある、バルシャフスキーの自宅マンションの駐車場に停められていた。

@doctor.mike/Instagram


男が「DRM1KE」(バルシャフスキーの愛称「ドクター・マイク」)のナンバープレートをつけた32万ドルの高級SUVを運転して走り去る様子が、監視カメラの映像に記録されていた。

「窃盗」が判明したのは、翌朝のことだった。匿名の情報筋が同紙に語ったところによれば、駐車場を利用していたほかの人々が自分の車を取りに行ったところ、係員がどこにもいないことに気づいたという。

「そこで警備会社が監視カメラの映像を確認したところ、男が(バルシャフスキーの)車に乗って出ていく様子が映っていた。男は数時間後に戻ってきた」とこの情報筋は語っている。

「逮捕者は出ていない」とニューヨーク市警

後にマンションの警備担当スタッフがバルシャフスキーに、駐車場の係員が「職務を大きく逸脱する行為」を取ったことを報告した。問題の係員は車を盗んでから約5時間後の、午前5時か6時頃に車を返却したということだ。

当局がナンバープレートを基に確認したところ、この係員は「ニューヨーク市内をくまなく」ドライブして楽しんでいたことが分かった。スタッテン島、ウィリアムズバーグ橋やベラザノ・ナローズ橋などにある車両ナンバー読取装置に、バルシャフスキーの車のナンバーが記録されていたという。

ニューヨーク市警の広報担当者は5月17日、この一件に関連して逮捕者は出ていないと明らかにした。同日にバルシャフスキーに電話で問い合わせたが、「ノーコメント」という答えが返ってきた。

@doctor.mike/Instagram


バルシャフスキーは現在、ニュージャージー州に本社を置くアトランティック・ヘルスシステムが経営するオーバールック・メディカルセンターで、家庭医として働いている。

彼はかつて飛行機内で乗客を助けたことがあり、また2016年にはアメリカのクイズ番組「ミリオネア」への出演経験もある。最近では、フロリダ州タンパにあるイングリングセンターで開かれた、チャリティー目的のアマチュア・ボクシングの試合で勝利を果たし、ウクライナ支援のために10万ドル超の資金を集めた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍機10機、台湾海峡の中間線超え=台湾国防部

ビジネス

米輸入物価、7カ月ぶり下落 20年4月以来の大幅な

ワールド

ドイツ、公共施設の暖房最高19度に エネルギー節減

ビジネス

中国国有大手4社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月