注目のキーワード

最新記事

アメリカ社会

全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

'Sexiest Doctor' Dr. Mike's $320,000 Lamborghini Stolen By Parking Attendant

2022年5月20日(金)12時01分
デーン・エネリオ

@doctor.mike/Instagram

<マンション駐車場の係員が夜中に無断でこのスーパーカーを拝借し、ニューヨーク市内を乗り回していたことが判明>

インスタグラムとYouTubeチャンネルのフォロワーが1400万人近くにのぼるアメリカの「超セレブ医師」ミハイル・バルシャフスキー。2015年にはピープル誌によって「最もセクシーな医師」に選ばれた彼だが、所有する超高級車をめぐって思わぬトラブルに見舞われてしまった。

ニューヨークにある駐車場の係員が、バルシャフスキーの車を盗んで数時間にわたって市内のドライブを楽しんだ後、こっそり車を返そうとしていたのだ。

ニューヨーク・ポスト紙が警察の書類を引用して報じたところによれば、この係員の男(氏名不明)は5月7日の午前1時頃、バルシャフスキーが所有する、2021年モデルの黒のランボルギーニ「ウルス」を無断で「拝借」。車はハドソン・ヤードにある、バルシャフスキーの自宅マンションの駐車場に停められていた。

@doctor.mike/Instagram


男が「DRM1KE」(バルシャフスキーの愛称「ドクター・マイク」)のナンバープレートをつけた32万ドルの高級SUVを運転して走り去る様子が、監視カメラの映像に記録されていた。

「窃盗」が判明したのは、翌朝のことだった。匿名の情報筋が同紙に語ったところによれば、駐車場を利用していたほかの人々が自分の車を取りに行ったところ、係員がどこにもいないことに気づいたという。

「そこで警備会社が監視カメラの映像を確認したところ、男が(バルシャフスキーの)車に乗って出ていく様子が映っていた。男は数時間後に戻ってきた」とこの情報筋は語っている。

「逮捕者は出ていない」とニューヨーク市警

後にマンションの警備担当スタッフがバルシャフスキーに、駐車場の係員が「職務を大きく逸脱する行為」を取ったことを報告した。問題の係員は車を盗んでから約5時間後の、午前5時か6時頃に車を返却したということだ。

当局がナンバープレートを基に確認したところ、この係員は「ニューヨーク市内をくまなく」ドライブして楽しんでいたことが分かった。スタッテン島、ウィリアムズバーグ橋やベラザノ・ナローズ橋などにある車両ナンバー読取装置に、バルシャフスキーの車のナンバーが記録されていたという。

ニューヨーク市警の広報担当者は5月17日、この一件に関連して逮捕者は出ていないと明らかにした。同日にバルシャフスキーに電話で問い合わせたが、「ノーコメント」という答えが返ってきた。

@doctor.mike/Instagram


バルシャフスキーは現在、ニュージャージー州に本社を置くアトランティック・ヘルスシステムが経営するオーバールック・メディカルセンターで、家庭医として働いている。

彼はかつて飛行機内で乗客を助けたことがあり、また2016年にはアメリカのクイズ番組「ミリオネア」への出演経験もある。最近では、フロリダ州タンパにあるイングリングセンターで開かれた、チャリティー目的のアマチュア・ボクシングの試合で勝利を果たし、ウクライナ支援のために10万ドル超の資金を集めた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国が検討、オンショア人民元取引時間を深夜まで延長

ビジネス

伊インテーザ・サンパオロ株が上昇、ECBが自社株買

ビジネス

ルーブル、2%下落後持ち直す ロシア国債デフォルト

ワールド

G7、対ロ圧力強化表明へ ウクライナに「前例ない」

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    カムバック期待のBLACKPINKが築き上げた「帝国」の富…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月