最新記事

チョルノービル

ロシア軍、チョルノービル原発周囲を地雷で包囲か 「サプライズがあると思え」

2022年4月15日(金)17時45分
青葉やまと

チョルノービル(チェルノブイリ)原子力発電所の敷地内にウクライナ国旗を立てる兵士...... Ukrainian Armed Forces General Staff/REUTERS

<侵略者たちが去ってなお、原子力発電所の職員たちは危険にさらされている>

チョルノービル(チェルノブイリ)原子力発電所から撤退したロシア軍だが、敷地に地雷を残していった可能性が浮上した。撤退後、敷地内に地雷が仕掛けられていることを示唆するメッセージが複数発見されている。

レジスタンスによる報道機関『ウクライニアン・ウィットネス』が立ち入り制限区域内を検証したところ、地雷の存在をほのめかすメッセージが複数確認された。「赤い森」に放置された大型車両には、「この道は地雷が仕掛けられている」との落書きが残されている。ロシア兵が撤退時に残したものとみられる。

別の場所の壁には、「サプライズがあると思え、地雷を探せ」との文言が刻まれていた。ロシア軍のシンボルである「V」「Z」の記号が添えられ、笑顔を浮かべた爆弾のイラストが共に描かれている。

メッセージを受けてウクライナ当局は、ロシア側が目に見えない「地雷の迷路」を残した可能性があるとみている。特定のルートを通過する分には安全だが、そこから外れると起爆するよう罠が仕掛けられているとみられる。


線量高い現地にさらなるリスク

英メトロ紙は、ロシア軍が荒らした敷地周辺はすでに放射線レベルが上昇していることに加え、地雷により「さらなるリスク」を職員たちが被るとみる。

ウクライナ・立入禁止区域管理局のマクシム・シェフチュク氏は英『i』紙に対し、地雷を避けるため、「現在のところ人々は、よく知られたルートとアスファルトの舗装路だけを使用しています」と述べた。

現在のところ犠牲者の報はなく、地雷の予告は単なる脅迫に留まる可能性も否定できない。しかし、ロシア軍は実際にウクライナ各地に地雷を仕掛けており、チョルノービルにも罠が及んでいたとしても不思議ではない。ウクライナのゼレンスキー大統領は、「彼ら(ロシア軍)は領土全域に地雷を仕掛けている」と述べ、国民に警戒を呼びかけている。

安全性が確認できない状況においては、原子力発電所の管理要員の交代および今後現地調査を行う意向である国際原子力機関(IAEA)の活動は慎重にならざるを得ず、影響が懸念される。

占領下では職員の機転も ロシア軍から燃料盗む

同施設に関してはこのほか、制圧下での急迫の状況が明らかになってきた。ロシアの占領軍は侵攻後間もなく、チョルノービル原子力発電所を制圧した。被曝により兵士に健康上の問題が確認されたことで、4月上旬に撤退している。

緊迫の35日間のなか、電力の喪失によって緊張はピークに達した。ロシア軍が現地に通じる唯一の送電網を遮断したことにより、3日間の停電に見舞われている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ザンビア、デフォルトから脱却へ ユーロ債保有者が再

ビジネス

S&P500年末目標、UBSが5600に引き上げ 

ワールド

中国国家主席、雇用促進策の策定指示 「若者を最優先

ワールド

ウクライナ大統領、バイデン氏に和平会議参加呼びかけ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏最新インタビュー

  • 3

    プーチンの天然ガス戦略が裏目で売り先が枯渇! 欧州はロシア離れで対中輸出も採算割れと米シンクタンク

  • 4

    中国海軍「ドローン専用空母」が革命的すぎる...ゲー…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    コンテナ船の衝突と橋の崩落から2カ月、米ボルティモ…

  • 7

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 8

    TikTokやXでも拡散、テレビ局アカウントも...軍事演…

  • 9

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 10

    メキシコに巨大な「緑の渦」が出現、その正体は?

  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 9

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などできない理由

  • 4

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 8

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 9

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

  • 10

    どの顔が好き? 「パートナーに求める性格」が分かる…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中