最新記事

ウクライナ情勢

ロシア軍侵攻、ウクライナの人々は日本に何を求めているのか

2022年3月2日(水)18時19分
志葉玲(フリージャーナリスト)

在日ウクライナ人による渋谷駅前での反戦集会 (筆者撮影)

<「今、プーチンが殺そうとしているのは民主主義、自由、平和です」と訴える在日ウクライナ人。日本人にその自覚はあるか>

先月に開始されたウクライナへのロシア軍の大規模侵攻。各地での戦闘は激しくなるばかりで、市街地への無差別砲撃が行なわれ、クラスター爆弾などの非人道兵器が使われたとも報じられている。こうした中、ウクライナの人々は、日本や国際社会に何を求めているのか。都内で反戦アピールを行った在日ウクライナ人の人々を取材した。

在日ウクライナ人達が求める対ロシア制裁は

先週土曜の午後、JR渋谷駅のハチ公前広場に、在日ウクライナ人の人々や彼らを支持する日本人、ロシア人などの在日外国人達が約2000人(主催者発表)が集まり、プーチン政権によるウクライナ侵攻に抗議するアピールが行なわれた。この抗議集会では、戦争を止めるため、日本や国際社会にしてもらいたい措置などが呼びかけられた。それらは、

・SWIFT(国際銀行間通信協会)からのロシアの排除

・プーチン個人への制裁

・ロシアとの外交の停止

・石油やガス、金融含む、ロシアからの全輸入の停止

・ロシアの新興財閥と全ての政治関係者の財産凍結

・ロシアからのミサイルを防ぐためにウクライナの空域の封鎖

・ロシアへのハイテク機器の輸出の停止

・国連安保理常任理事国からのロシア解任を国連で協議すること

・ウクライナへ支援金を送ること

というものだった。このうち、筆者の独断と偏見で言えば、ロシアからの天然ガスの輸入停止が特に重要だろう。既に、SWIFTからの排除の動きで、ロシア主要銀行との決済が難しくなることが予想されているが、現時点では、ロシアの天然ガス大手ガスプロムに関係するガスプロムバンクは含まれていない。これは欧州が発電や暖房等での天然ガス需要の約4割をロシアの天然ガスに依存しているため、ガスプロムバンクまでSWIFTから排除すると、欧州エネルギー危機となり、経済にも悪影響が出ることを懸念したのだろう。だが、それは対ロシア制裁の効果を弱めてしまうことでもある。ロシアの政府歳入の約5割を石油・ガス関連収入が占め、文字通り国家の財政基盤であるからだ。

shiva20220302173402.jpg
反戦プラカードを掲げる女性の目は涙が溢れていた(筆者撮影)

そこで、重要なのが日本の役割である。ロシアの天然ガスの輸出先のうち、日本は1割弱程を占める。また日本のLNG(液化天然ガス)の輸入元でロシアが占める割合も1割弱程度。日本が率先として、ロシアからのLNG輸入を停止し、欧州にも輸入停止や輸入量の低減を働きかけていくということが必要なのではないだろうか。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

原油先物は下落、景気懸念が重し 供給逼迫で下値は限

ワールド

デンマーク首都のモールで銃撃、3人死亡 22歳男訴

ワールド

インド、ストローなど使い捨てプラ禁止、最大の公害要

ビジネス

東電HDが新高値、猛暑やサハリン2で原発再稼働に思

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月