最新記事

医療

ブタからヒトへの「心臓移植」を成功させた医師本人が語る、医療技術と生命倫理

“I Transplanted a Pig Heart”

2022年2月18日(金)12時31分
バートリー・グリフィス(メリーランド大学医学大学院外科教授)

移植手術を担当したメリーランド大学医学大学院の医療チーム UNIVERSITY OF MARYLAND SCHOOL OF MEDICINE

<遺伝子技術のおかげで進化を続ける臓器移植が新たな段階に。世界初の成功例が問い掛ける医療の意味と倫理>

私は心臓外科医になって40年になる。高校を卒業する頃、世界初の心臓移植手術が南アフリカで実施された。その後、数多くの事例が続き、地元の米ペンシルベニア州ピッツバーグでも1件行われた。本当に素晴らしいことだと思った。

ピッツバーグは最新の医薬品に支えられ、アメリカ国内で最も多く心臓移植を手掛けていた。当時の勤務先のピッツバーグ大学には、肝移植の権威である外科医のトーマス・スターズル教授がおり、大半の人がこれ以上はできないと見なすことでも実現可能だと思わせてくれた。

スターズルが執刀したヒヒからヒトへの肝移植手術を目にする機会があり、動物の臓器をヒトに用いる「異種移植」のことは何年も前から知っていた。この分野では、動物バイオテクノロジーを活用した米医療テック企業リビビコールが適合性の問題を解決する取り組みを進めてきた。

異種移植に本格的に携わり始めたのは5年前。メリーランド大学医学大学院に着任したムハマド・モヒウディンというパートナーを得てからだ。

モヒウディンは既に、3つの遺伝子編集を実施したブタの心臓をヒヒに移植する実験を行っていた。自ら開発した極めて専門的な免疫抑制プロトコルの下、2頭のヒヒを長期間生存させることに成功し、うち1頭は3年間生きた。

今や、ブタの心臓では10の遺伝子編集が実現している。ブタの遺伝子は10万個に上るが、10個を操作するだけで、思いがけない結果が得られる。

ブタからヒヒへの移植に成功

より新しい技術のおかげで、現在では遺伝子の削除や挿入が可能だ。私たちのグループは数年前から、遺伝子操作したブタの心臓のヒヒへの移植を達成してきた。

昨年11月27日、私が率いる心臓外科ICU(集中治療室)に、患者のデービッド・ベネットが移送されてきた。

デービッドは心機能の改善を目的に3種の薬の静脈内投与を受けており、心臓の効率を上げるために動脈内バルーンポンプも挿入されていた。だが突然、心臓が鼓動せずに震える状態に陥った。こうなると全身に血液を送れなくなり、心不全が起きる。

デービッドはまだ57歳で、全般的に比較的安定しているようだったので、心臓移植の候補者認定を早められないかと検討を始めた。しかし、大きな障害があった。デービッドは医師の指示を守らない患者との記録があり、ヒトからの心臓移植に求められる基準を満たしていなかったのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏邸宅宅捜索

ビジネス

ロシア、第2四半期成長率マイナス4.0%=統計局

ワールド

中国習主席、米大統領と11月直接会談へ 3年ぶり外

ワールド

欧州熱波でライン川水位低下、大型船航行不能 物流阻

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月