注目のキーワード

最新記事

SNS

お粗末な「物量作戦」に頼ってきた中国の「SNS工作活動」に、洗練の兆し

Tweeting Into the Void

2022年1月7日(金)17時31分
ジョシュ・ゴールドスタイン ルネ・ディレスタ(米スタンフォード大学インターネット観測所)

ILLUSTRATION BY STUDIOSTOKS/SHUTTERSTOCK

<膨大な数の「捨てアカウント」を作って中国共産党寄りの主張をばらまく従来の作戦は、ほとんどフォロワーも影響力も持てなかったが......>

ツイッターは2021年12月2日、2つの中国政府系の宣伝工作アカウント群の排除を発表した。新疆ウイグル自治区に関する中国共産党の主張を繰り返す約2000のアカウントと、同自治区政府に雇われた民間企業「張裕文化」関連の112アカウントだ。

私たちスタンフォード大学インターネット観測所は、ウイグル人の扱いについて党寄りの主張を拡散してきたこの2つのアカウント群について分析した。いずれも国営メディアの報道内容をコピーしたり、良い暮らしだと語るウイグル人の証言なるものばかり伝えてきたアカウント群だ。

これ以前に削除された多くの事例と同様、やり口は稚拙だった。実在の人物のアカウントに見せ掛ける努力もせず、プロフィール画像が初期設定のままだったり、ネット上の画像を借用していたりする。そして他の話題の投稿履歴は皆無に等しい。

フォロワーの数はゼロに近い。投稿への反応(リツイートや「いいね」など)もほとんどない。私たちが初回の分析対象としたツイート3万1269件のうち、97%は反応が皆無だった。

20年に削除されたアカウント群の場合も、ツイート1件ごとの反応数は平均0.81。つまり「いいね」の1つもつかない。アカウントごとの累計反応数も平均23.07にすぎなかった。

実際、欧米のSNSを舞台とする中国共産党系の宣伝工作は、総じて同じ主張を執拗なまでに繰り返すが、そのわりに反応は鈍い。

2000以上のアカウントが削除された今回も、数週間後には似たようなアカウントが何百も登場していた。私たちとは別のアカウント群を調べた研究者たちも、同様の傾向を指摘している。

効果のない活動をなぜ繰り返すのか

まともな拡散効果を得られない工作活動を、性懲りもなく繰り返すのはなぜか。その理由を考えてみよう。

第1は、プラットフォーム側の対応が一定の効果を上げている可能性だ。

アカウントが削除されるたびに、中国の工作隊は振り出しに戻って新たなアカウントを立ち上げている。どうせすぐに削除されるのは承知の上だから、投稿者の人物像を念入りに作り上げたりせず、ひたすら書き込みの数やハッシュタグを増やし、情報の洪水を起こすことに専念する。与えられた状況ではそれが最適な戦略だと判断したのだろう。だが、プラットフォーム側の対応(アカウントの削除)のせいで効果を上げられないのかもしれない。

プラットフォーム側がアカウントの一斉削除を公表するのは、一定の抑止効果を期待するからだ。現にフェイスブックのセキュリティー担当者らは「外国または国内の情報工作というレッテルを貼られ、削除されたら彼らの評判は落ちる」と論じている。

しかし、それでも次から次と新たなアカウントが生まれてくる。これはアカウント削除の抑止効果が働いていない証拠ではないか。そもそも私たちの知る限り、こうした情報工作に携わる人たちが自らの「評判」を気にして行動を変えた事例はない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月