最新記事

大リーグ

大谷翔平はすでに「ベースボールの顔」だ──英語を話す動画も浮上

Video of Shohei Ohtani Speaking Only English Resurfaces After Stephen A. Smith Comments

2021年7月14日(水)13時03分
スコット・マクドナルド

ホームランダービーの準備に入る大谷(7月12日、デンバー=クアーズ・フィールド) Ron Chenoy-USA TODAY Sports

<「通訳が必要な男」はベースボールの顔にふさわしくない、という有名司会者の発言は二重に否定された>

米スポーツ専門チャンネルESPNのパーソナリティー、スティーブン・A・スミスが番組で、大谷翔平のことを、「通訳が必要な男」がベースボールの顔になるべきではないと発言してからわずか2時間後、ネットには大谷が英語で話す動画が表れ、拡散された。

大谷は、ベースボールの顔にふさわしい偉業をやってのけた。大谷のムーンショット本塁打と投手もこなす二刀流はベーブ・ルースと比べられるほどだし、ホームランダービーに出場し、7月13日のオールスターも史上初めて二刀流で出場した。

大谷はあのスーパースター、マイク・トラウトがいるロサンゼルス・エンジェルスでベスト・プレイヤーになり、多くの野球関係者はすでにこの日本人選手を「ベースボールの顔」と呼び始めている。

英語も話す。浮上した動画は、2019年1月にア・リーグの新人王を受賞したときのものだ。受賞スピーチを、大谷はすべて英語で行っている。

「ありがとうございます。多くの偉大な選手たちと同じ輝かしい舞台に立てて光栄です。みなさんにもおめでとうございます」

太谷は主催者の全米野球記者協会と彼に投票した記者たちに感謝を述べ、エンジェルスとそのスタッフの支援に感謝した。すべて、通訳なしだ。

 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング