最新記事

ミャンマー難民

「帰国拒否」へ反発、おかしくない?──ミャンマー代表選手の難民申請

2021年6月29日(火)20時25分
志葉玲(フリージャーナリスト)

2022 FIFA W杯アジア2次予選会場(千葉市)周辺でミャンマー軍に抗議する人々 Issei Kato-REUTERS

<母国でクーデターを起こした軍部に日本から抗議の意を示した後、命の危険から帰国せずに日本で難民申請をしたサッカーのミャンマー代表選手に心ないコメントが殺到>

サッカーのワールドカップ2次予選に参加するため、先月来日したミャンマー代表ピエリヤンアウン選手は試合時に、母国でのクーデターに抗議の意を示して三本指を掲げるジェスチャーを行った。その後、ミャンマーに帰国すれば迫害の恐れがあるとして、日本政府に庇護を求め、今月16日に難民認定申請を行った。これに対し、Yahoo!ニュースコメント(ヤフコメ)等ネット上ではピエリヤンアウン選手を批難するようなコメントが相次ぎ、一部のメディアでもそうした意見を取り上げている。難民受け入れの無理解や、差別の根深さを感じさせるものであるが、日本は難民条約に加盟しており、条約上の義務を果たす責任がある。

ネット上での心無い書き込み相次ぐ

先月28日、千葉県で行われたワールドカップ2次予選での日本対ミャンマーの試合で、

ピエリヤンアウン選手はキックオフ前の国歌斉唱の際に、三本指を掲げた。これは、今年2月にミャンマーで発生したクーデターに抗議する民主化運動の象徴的なジェスチャーであり、ピエリヤンアウン選手の指には「WE NEED JUSTICE」(私達は正義を求める)と書かれていた。国際的な注目を浴びるW杯で集まったメディアの前での抗議は、ミャンマー国軍の逆鱗に触れただろうことは確実で、在日ミャンマー人やミャンマー情勢に関心を持つ日本の人々の間でも、ピエリヤンアウン選手への迫害を懸念する声は高まっていたのだ。

今月16日、ピエリヤンアウン選手は帰国の便に乗らず、日本政府に庇護を求め、難民申請を行う意向を明らかにした。筆者もほっと胸をなでおろしたのだが、関連報道へのヤフコメでピエリヤンアウン選手への心無い書き込みが多数あり、現地情勢や難民受け入れの無理解、差別の根深さに、思わず頭を抱えた。

ヤフコメでの本件に関する否定的な書き込みで、多く見たものとして「三本指を掲げただけで難民?」というものがある。上述したように三本指を掲げることは、クーデターに抗議するジェスチャーだ。クーデター発生後、ミャンマーでは人気俳優やモデル、歌手等、著名人達が次々と三本指を掲げクーデターに抗議したが、ミャンマー国軍はこうした著名人達を次々に逮捕したり、指名手配したりしている。また、逮捕された民主化活動家達は激しい拷問を受けており、その挙げ句に殺された事例もある。

ピエリヤンアウン選手はW杯予選という衆目集まる場でミャンマー国軍へ抗議したのだから、日本の難民認定審査において重視される個別把握論*(難民認定申請者を迫害する側が、個人として特定し、迫害の対象にしているということ)で、迫害の危険性が高いと評されるべきだろう。

*個別把握論を重視する日本の難民認定審査については、現地政府の逮捕令状を求める等、難民認定申請者に迫害の恐れについての過大な立証責任を求めており、「灰色の利益」を認める国連難民高等弁務官事務所の難民審査基準に比べ、厳しすぎるとの批判がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英経済巡る不確実性の高まり、影響注視=アトランタ連

ビジネス

ECB、インフレ期待の暴走リスクに直面=独連銀総裁

ビジネス

新たな債券購入発動せず、各国の政策ミスで金利上昇な

ビジネス

必要あれば利上げ「躊躇せず」=英中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、その姿は「恥ずかしかった」

  • 3

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 8

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 9

    代理出産なのになぜ!? クロエ・カーダシアン「新生児…

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    植民地支配の「罪」をエリザベス女王は結局、最後ま…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月