注目のキーワード

最新記事

韓国

コロナ禍で韓国の消費者も我慢が限界、「反日疲れ」が広がった

2021年5月21日(金)14時50分
佐々木和義

日本製品を購入しやすくなった(ロッテ百貨店の食品売り場) 撮影:佐々木和義

<韓国の中高年を対象のアンケートで、新型コロナの収束後に行きたい観光地として、日本を選んだ人が最も多かった。また、大手百貨店が日本食コーナーの充実を図るなど、韓国の首都圏を中心に「反日離れ」が加速している>

韓国の大手旅行会社、各社が新型コロナウイルス感染症の収束後を見据えた旅行商品の開発に取り組むなか、大手通販会社のインターパークが、「ポストコロナ」航空券の事前販売を行った。同社が公表した集計結果によると、グアムやベトナムなどの休養地に加えて、日本を選んだ人が多かった。

中高年を対象のアンケートでも新型コロナの収束後に行きたい観光地として、日本を選んだ人が最も多く、また、大手百貨店が日本食コーナーの充実を図るなど、韓国の首都圏を中心に「反日離れ」が加速している。

新型コロナ収束後の旅行予定先、日本も人気

大手通販会社インターパークは今年3月8日、「ポストコロナ」の海外航空券の販売を開始した。海外旅行が公式に可能になる時点から1年間利用できる海外往復航空券だ。新型コロナの収束後には海外旅行需要が急増し、航空券価格が急騰する可能性が高いが、その価格変動の影響を受けずに利用できるという。

同社が公表した3月の購入者は1万2137人で、グアムが34%で最も多く、ベトナムと日本が17%で続いていた。長期間、海外旅行ができないことから、グアムやベトナムなどの休養地を選ぶ人が多いとみられるなか、日本を選んだ人も多かった。

旅行日程は3日が66%で最も多く、5日(19%)、4日(15%)の順で、1人あたり購入数は2枚から4枚が72%を占めており、家族で小旅行を楽しみたいニーズが反映されている。

中高年は訪日観光を望んでいる。中高年の雇用開発を行なっているインパクトピープルズ社が、今年2月18日から3月10日に50歳以上の韓国人を対象に海外旅行先好感度アンケート調査を行った。設問は、最も気に入った国、人生最高の旅行地、コロナ収束後に行きたい海外旅行地で、合わせてベスト写真を募集した。

最も気に入った国は日本が31.8%で最も多く、人生最高の旅行地の1位は大阪で、2位は東京だった。コロナ後に行きたい旅行先でも大阪が1番多く、また東京や沖縄など、日本の観光地を答えた人が17%で最も多かった。ベスト写真は、大阪や福岡などが人気だった。

"選択的不買運動"が始まった昨年6月、大手通販会社が行った調査で、コロナ収束後に行きたい旅行地は東南アジアが60.5%で、豪州をはじめとする大洋州が14.9%など、日本はランク外だった。日本を選ぶ人が増えたのだ。

原発処理水海洋放出決定後も、消費動向の変化はほとんど見られなかった

「反日離れ」は日常生活でも広がっている。今年4月13日、日本政府が福島第一原発の処理水を海洋に放出する方針を発表すると韓国の政府やメディアなどが猛反発したが、日本産食品の流通関係者によると、消費動向の変化はほとんど見られなかった。関係者は韓国政府が「反対のための反対」をしていると話している。

「NO JAPAN」が拡大した19年下期、70%が日本製品不買運動に参加すると述べ、30%が不参加を表明したが、韓国内でシェアが30%を超える一般消費者向け日本ブランドはヤクルトとリンナイ、ユニクロのヒートテックくらいしかない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米政府がサル痘対策強化、国家備蓄のワクチンを州に配

ビジネス

独VWのディースCEO、半導体不足緩和で下期の業績

ワールド

トランプ氏「議会向かえ」と要求、警護隊ともみ合い=

ワールド

米FDA諮問委、ワクチンの見直し勧告 オミクロン株

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月