最新記事

ミャンマー

【解説】ミャンマー・クーデター 国軍とスーチー、対立の背景

2021年2月2日(火)16時18分

ミャンマーでアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と国民民主連盟(NLD)高官らが拘束された。NLD報道官が発表した。写真は、東京で行われたミャンマーのクーデターに抗議する集会で、スー・チー氏の肖像を掲げる集会参加者(2021年 ロイター/Issei Kato)

ミャンマーで1日朝、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と国民民主連盟(NLD)高官らが拘束された。NLD報道官が発表した。

国軍は先週、NLDが圧勝した昨年11月の総選挙で不正があったとして「行動を起こす」可能性を示していたため、クーデターへの懸念が広がっていた。

スー・チー氏が率いるNLDは、11月8日の総選挙で対象議席の83%を獲得した。選挙はNLD政権への支持を問う国民投票代わりと見なされていた。

ミャンマーの統治者はだれか

ノーベル平和賞受賞者であるスー・チー氏(75)は、2015年の総選挙で地滑り的勝利を収めたことで、政権を事実上主導する立場になった。同氏は民主化を求める闘いにより長年自宅軟禁され、世界で尊敬を集める存在となっていた。

ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの武装勢力と治安部隊が17年に衝突したのをきっかけに、何十万人ものロヒンギャが国外脱出し、難民となっている問題が深刻化。スー・チー氏の国際的評価は傷ついた。それでも国内では今も圧倒的な人気を維持している。

「ミャンマー軍」と呼ばれる国軍は、08年の新憲法と民政移管の立役者でもあり、自らを国の結束と同憲法の守り手と見なしている。政治体制で軍が恒久的な役割を果たす仕組みも制度化した。国軍は上下両院それぞれで議席の25%を軍人枠として確保。国防省、内務省、国境省を支配し、重要な政治的地位を築いている。

軍はなぜ11月の総選挙に異を唱えたか

国軍は、多くの選挙区で重複登録があったなどと訴えており、苦情に対する選挙管理委員会の対応にも不満を示した。主張している「不正」が選挙結果を覆すほどの規模だったか否かについては言及していない。

11年の民政移管完了まで与党だった国軍系の連邦団結発展党(USDP)も、同様の不満を訴えている。USDPは軍の代理組織と見なされているが、11月の選挙では476の議席中33議席しか獲得できず、屈辱を味わった。

NLDや他党は総選挙にどう反応したか

スー・チー氏は、自らが率いるNLDの勝利および国軍の苦情について発言していない。ただNLDは、国軍の主張に根拠は無く、選挙に不備があったとしても結果は変わらなかったとしている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ニデック、350億円の自己株取得枠 発行済み株式の

ビジネス

午後3時のドルは157円前半、3週ぶり高値圏で底堅

ビジネス

日経平均は反落、一時700円超安 米利下げ観測後退

ワールド

英総選挙、野党のリードが小幅に拡大 投票日決定後初
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決するとき

  • 2

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレドニアで非常事態が宣言されたか

  • 3

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」...ウクライナのドローンが突っ込む瞬間とみられる劇的映像

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 6

    韓国は「移民国家」に向かうのか?

  • 7

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 8

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 9

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 10

    国公立大学の学費増を家庭に求めるのは筋違い

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 6

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 7

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 8

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 9

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 10

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中