最新記事

政権移行

議事堂の次は就任式が危ない?トランプ支持者の襲撃に備えるワシントン

Experts Warn of Inauguration Threat to Soft Targets, 'Fully Expect Violence'

2021年1月13日(水)17時49分
ナビード・ジャマリ、トム・オコーナー

連邦議会議事堂を占拠したトランプ支持者(1月6日)Jack Gruber/USA TODAY via REUTERS

<米テロ専門家がバイデンの大統領就任式とその周辺の危険を予測>

アメリカ現代史上最も深刻な政治危機のなか、ジョー・バイデン次期大統領の就任式が1月20日に行われようとしている。ドナルド・トランプ大統領の忠実な支持者たちが、権力の移行を妨害しようと式典を狙ってくるのではないか、という警戒感が強まっている。だが専門家らは本誌に対し、ターゲットは必ずしも就任式とは限らないと警告する。

「警備の手薄な施設や人の多い場所、重要なインフラは、国内のテロリストや政府を困らせたい人々にとって以前から魅力的なターゲットだ」と、国土安全保障省でインフラ防護担当次官補を務めていたブライアン・ハレルは本誌に語った。

大統領選におけるバイデン勝利認定を阻止しようとしたトランプ支持者が連邦議会議事堂を襲撃し、5人が死亡、数人が負傷したのは1月6日のことだった。暴力と騒乱が収まったのちに、議会ではなんとか投票集計を終えることができた。だが今、バイデンがアメリカ大統領に就任するための式典に関連して、さらなる騒動発生の危険もささやかれている。

就任式が近づくにつれて、国内テロ対策を専門とする機関に勤めていた当局者らは、注意が必要だと警告している。「平和的な権力の移行は祝うべきだが、懸念が高まっているこの時期には、警戒が欠かせない」と、ハレルは語った。

次回の準備はしているが

法執行機関は、暴徒の議事堂への乱入を許した今回の失敗から学んだはずだ、と指摘するハレルは、トランプの任命により、サイバーセキュリティ・インフラストラクチャー・セキュリティ庁(CISA)の新設ポストについていたが、2年後の昨年8月に辞任した。

「1月6日に起きた重大な警備上の失敗にかんがみて、法執行機関も次の過激派やトラブルメーカーの襲撃に対処する心構えはできているだろう」と、ハレルは言う。「就任イベントの周辺で暴力行為を最小限に抑えるために何重もの警備や、ターゲットの隔離、増派チームの配備が予定されている」

だがこれらの措置が実施されても、流血の惨事が予想される、と彼は言う。「街頭での暴動は十分にありうる。最大の懸念は、武器が使われること、安全を確保した防御線の外での集団暴力、重要なインフラ(変電所など)が攻撃対象になることだ。だが国土安全保障省(DHS)が指定した国家特別安全保障イベント(NSSE)として、式典中は公園管理事務所、シークレットサービス、国土安全保障省、および連邦議事堂警察が、安全を確実にするためにかなり大きな存在感を示すことになる」

国土安全保障省は当初、1月19日から21日を国家特別安全保障イベント(NSSE)に指定し、シークレットサービスに安全対策を任せた。その後、ワシントン市長ミュリエル・バウザーからの公的な要請によって、期間の開始を1月13日に前倒しすることになった。

ニュース速報

ワールド

韓国、コロナ新規感染者が最多更新 第4波封じ込めに

ワールド

英競売クリスティーズ、香港拠点を4倍に拡張へ

ビジネス

中国メディア、投資家に冷静な対応呼び掛け 市場動揺

ビジネス

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 FOMCへの警

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月