最新記事

動物

世界最大級の鳥コンドル 5時間、170キロ、羽ばたかずに飛行していた

2020年7月28日(火)18時50分
松岡由希子

この「最も重い鳥」は、ほとんど羽ばたくことなく、空を飛んでいた...... Patrick Gijsbers-iStock

<空を飛ぶ鳥のなかで最大級の種として知られるアンデスコンドルは、ほとんど羽ばたくことなく、空を飛んでいることが明らかとなった......>

南米のアンデス山脈で生息し、主にシカやウシなどの大型獣の死体を食べるアンデスコンドルは、体重が15キロにも達し、空を飛ぶ鳥のなかで最大級の種として知られる。このほど、この「最も重い鳥」は、ほとんど羽ばたくことなく、空を飛んでいることが明らかとなった。

5時間17分にわたって一度も羽ばたかずに172キロメートルを飛行

英スウォンジー大学、独マックス・プランク動物行動研究所、アルゼンチン・コマウエ国立大学の共同研究チームは、独自で開発したフライトレコーダーを若いアンデスコンドル8羽に装着し、それぞれの羽ばたき回数や飛行時間などを216時間にわたって記録した。

2020年7月13日に「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」で発表された研究論文によると、アンデスコンドルが羽ばたいた時間は飛行時間全体のわずか1%にとどまり、なかには、5時間17分にわたって一度も羽ばたかずに172キロメートルを飛行したものもいた。

アンデスコンドルの羽ばたきの75%以上は離陸時に行われていた。また、弱い熱上昇気流の間を移動する際にも、地上に近づきそうになると、羽ばたき回数が増えた。

研究論文の筆頭著者でマックス・プランク動物行動研究所の運動生態学者ハンナ・ウイリアムズ博士は「鳥は、気流に乗って移動コストを最小化できる気象条件下で飛ぶが、あえて『コスト』をかけて羽ばたき、飛行せざるをえないときもある」としたうえで、「いつ、どこで着陸するか、どのタイミングで気流間を移動するかを判断することは重要だ。一旦着陸すれば、また離陸する必要があるため、不要な着陸によって『飛行コスト』がかさんでしまう」と指摘している。

「ほとんど羽ばたくことなく飛翔するとは、衝撃的な発見だ」」

研究論文の共同著者でスウォンジー大学のエミリー・シェパード教授は、AP通信の取材に対して「コンドルは熟練したパイロットだが、これほどまでに飛行のエキスパートであるとは思わなかった」と驚きを示している。

また、米スタンフォード大学のデービッド・レンティンク博士は「コンドルがほとんど羽ばたくことなく飛翔するとは、衝撃的な発見だ」と述べている。また、この研究成果は、若いアンデスコンドルでさえ、気流に乗ってエネルギー消費を最低限に抑えながら効率的に飛行する術を身につけていることを示すものとしても注目されている。

研究チームでは、一連の研究成果をふまえ、コンドルの飛行中の判断プロセスについてさらに研究をすすめ、目に見えない気流の位置をどのように突き止めているのかを解明する方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

三井物産、コロナの収益下押しは当初見込み比3割減 

ビジネス

村田製作所、営業利益予想を上方修正 スマホ「巣ごも

ビジネス

JAL、21年3月期は2400億円─2700億円の

ビジネス

TDK、21年3月期営業利益予想を1100億円に上

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 6

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 10

    中国共産党化する日本政治

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月