最新記事

インド

中国との係争地での軍事衝突、引き下がれないインド政府の事情

2020年6月28日(日)14時20分

圧力の違い

一方のインドでは野党指導者、軍の元司令官や元外交官らが、インド国民の命と領土をモディ氏が守れなかったと批判している。中国製品ボイコットの呼び掛けも多数に上り、国内メディアは隅から隅まで中印の軍事衝突に関連するニュースばかりだ。

中国はインドとの係争地を巡り、1962年の短期的な軍事衝突でインドに屈辱的な思いを与えた。インド側からすれば、中国からの国境紛争の脅威は新型コロナ危機の影を薄くしている。インドでの感染者は40万人を超えたが、なお衰える兆しはないにもかかわらずだ。

シン前首相は、インドはモディ氏を支持はしているが、モディ氏にはそれに応える責任があると訴える。「われわれは歴史的な岐路に立っている。わが政府の決定と行動は、将来の世代が今のわれわれをどう見なすかという点で重大な意味を持つ」と述べた。

アナリストによると、こうした発言によってモディ氏は面目を失わずに譲歩するのが困難になっている。モディ氏はインドを経済的、軍事的な大国にするとの公約を掲げて2014年に首相になった。

しかし、その後のインドは中国に一段と水を空けられた。中国の経済規模はインドの5倍、軍事費の規模は3倍になっている。

コントロール・リスク社は、モディ政権が世論の圧力をなだめるため、中国に対して経済的措置を取る可能性が高いと指摘。インドにとってより強大なライバル国と軍事的にぶつかるリスクは回避するとの見方を示した。

(Yew Lun Tian記者 Sanjeev Miglani記者)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・コロナに感染して免疫ができたら再度感染することはない?
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証
・韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「どうぶつの森」大ヒットが示すご都合主義.


20200630issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年6月30日号(6月23日発売)は「中国マスク外交」特集。アメリカの隙を突いて世界で影響力を拡大。コロナ危機で焼け太りする中国の勝算と誤算は? 世界秩序の転換点になるのか?

ニュース速報

ワールド

ロシア、3000人以上を拘束 ナワリヌイ氏釈放へ全

ビジネス

米上院委、イエレン財務長官の指名承認 25日に本会

ワールド

トランプ氏弾劾裁判、2月8日の週に開始 米上院与野

ワールド

バッハIOC会長、東京五輪実現へ決意表明 「見通し

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月