最新記事

ニューヨーク

感染爆発のニューヨーク州知事「人工呼吸器あと6日分」

New York Governor Says State's Ventilator Stockpile Will Last 6 Days

2020年4月3日(金)11時51分
マシュー・インペッリ

病院に改造した大規模会議場で記者会見するクオモ(3月23日) Mike Segar−REUTERS

<患者は急増中なのに人工呼吸器があと6日しかもたない! それでも住民がパニックを起こさないのは、クオモ知事の手腕>

新型コロナウイルスの爆発的感染と戦う米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は4月2日、このまま患者が増え続ければ、あと6日で人工呼吸器が足りなくなると言った。「今のペースだと、人工呼吸器の備蓄はあと6日分しかない」と、クオモは2日の記者会見で言った。「この調子で患者が増え続ければ、あと6日しかもたない」

クオモによれば、現在、1日約350人のコロナ新患が運び込まれるのに対し、人工呼吸器の備蓄は2200台だという。

クオモの発表は、ニューヨークで毎日感染者が激増し続ける中で行われた。ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、同州の感染者は9万2000人を超え、死者は2373人にのぼっている。普通なら市民はパニックに陥っていたかもしれないが、クオモは3月半ばから毎日の記者会見で、このままだと人工呼吸器が足りなくなること、それに対して州がどのような手を打っているかということを、日々克明に説明してきた。この会見を毎日聞いてきた人にとっては、驚きも不安もないはずだ。

常識にとらわれない救命策

3月半ばからクオモが人口呼吸時の支援を求めていた連邦政府は、最近になってようやく4000台の人工呼吸器を送ってきたが、ニューヨーク州ではすでに人工呼吸器不足を補う様々な方策を用意していた。
「不足に備えて、特別の方法を用意している。これで命を救うことができる」と、クオモは言った。「まず、我々は州内の人工呼吸器がどの病院にどれだけあるかを把握した。もし不足すれば、北部の病院からマンハッタンの病院に運ぶことができる」
それからクオモは、他のいくつもの人工呼吸器調達法を説明した。緊急でない手術を中心し、本来麻酔に使う人工呼吸器を麻酔なしで使う、一台の人工呼吸器を患者2人で使う、などだ。

一台の人工呼吸器を2人で使うというのは前代未聞のことだが、クオモは安全性のテストを重ねてこれにゴーサインを出した。「完璧ではないが、十分使用に耐える」と、クオモは言った。また大学の獣医学部にある動物用の人工呼吸器も動員した。

感染爆発の間、クオモはニューヨーク市のビル・デブラシオ市長とともに、人工呼吸器と医療品を送ってもらうよう連邦政府に呼びかけ続けてきた。2日の記者会見でクオモは、連邦政府はニューヨークの苦境を「十分にわかっていた」はずだが動かなかった、と言った。
この会見直後、ドナルド・トランプ大統領はツイッターでやり返した。「他の州と違ってニューヨークは遅かった。もっと強く要請すべきだった。愚痴を言っていないで物資を探せ、よく働くクオモ君」

202003NWmedicalMook-cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

SPECIAL EDITION「世界の最新医療2020」が好評発売中。がんから新型肺炎まで、医療の現場はここまで進化した――。免疫、放射線療法、不妊治療、ロボット医療、糖尿病、うつ、認知症、言語障害、薬、緩和ケア......医療の最前線をレポート。

ニュース速報

ビジネス

米新規失業保険申請77.8万件、2週連続で増加 コ

ワールド

米コロナ死者2000人超、5月以来初めて 入院者数

ワールド

EU、英国との通商交渉に進展 合意なしのリスクも=

ビジネス

イエレン氏の米財務長官就任、世界経済にプラス=EC

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族の学校からハングルを抹消へ

  • 4

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    英政府、香港最高裁からの英国人判事引き揚げを検討…

  • 7

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 8

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 9

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 10

    暗黒の香港から台湾への脱出者が急増中 日本など近…

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月